Abiword

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

AbiwordLibreOffice Writer や OpenOffice Writer の代わりとなる軽量なワードプロセッサです。軽量でありながらしっかり機能します。Abiword は ODF ドキュメント, Microsoft Word ドキュメント, WordPerfect ドキュメント, Rich Text Format ドキュメント, HTML ウェブページなど多数の文章形式をサポートしています。

インストール

abiword パッケージをインストールしてください。スペルチェック用の辞書をインストールしたい場合、英語の辞書は aspell-en パッケージに入っています。

カーソルが小さかったりテキストが整列されない問題を修正するため、公式リポジトリの ttf-liberationAURttf-ms-fontsAUR と公式リポジトリの ttf-freefont をインストールしてください。

テンプレート

Abiword のデフォルトスタイルを変更したい場合、新しいドキュメントを開いて、必要に応じて変更し、normal.awt という名前で $HOME/.AbiSuite/templates ディレクトリに保存してください。新しいドキュメントは作成したテンプレートを使うようになります。

上記の方法は Abiword 3.0 では使えません。以下のようにしてください:

新しいドキュメントを開き、メニューから Format -> Create and Modify Styles... を選択して、Normal スタイルを自由に修正して、~/normal.awt に保存してから、次を実行:

# mv ~/normal.awt /usr/share/abiword-3.0/templates/

同じように /usr/share/abiword-3.0/templates/ の他のスタイルも修正できます。

文法チェック

Edit>Preferences>Spell Checking>Automatic grammar checking から文法チェックを有効にして下さい。

キーバインドの変更

Abiword のデフォルトキーバインドを変更する方法は this wiki post を見て下さい。

上記の方法が上手くいかない場合、/usr/share/abiword-3.0/system.profile の中の SystemDefaults タグに KeyBindings="viEdit" を追加して下さい。

LaTeX フォント

abiword パッケージには LaTeX のコードをドキュメントに挿入する機能が付いています。数学記号を正しく表示するには、latex-xft-fonts をダウンロードして /usr/share/fonts ディレクトリに保存する必要があります。フォントをインストールするには、tarball を解凍して次のコマンドを実行して下さい:

# fc-cache -fv

トラブルシューティング

印刷ダイアログがクラッシュする

ノート: このバグはバージョの 2.8.1 以降では存在しません。

何らかの理由で、Abiword と libgnomeprint は上手く組み合わされていません。.abw のデフォルトテンプレートが印刷するときにプログラムをクラッシュさせています。.rtf フォーマットを使うように Abiword を設定すること解決します。以下の手順に従えば、デフォルトの保存フォーマットが .rtf に設定され Abiword は .rtf ファイルをデフォルトテンプレートとして使用します。

~/.AbiSuite/AbiWord.Profile を開いて以下の行を二番目の <scheme> セクションに挿入してください。

DefaultSaveFormat=".rtf"

以下のようになるはずです:

<Scheme
   name="_custom_"
   ZoomPercentage="64"
   DefaultSaveFormat=".rtf"
/>

次にデフォルトテンプレートを変更する必要があります。以下の手順を正確に実行して下さい。

  1. Abiword を開いて空のドキュメントを ~/.AbiSuite/templates/normal.rtf という名前で保存。ディレクトリが存在しない場合は作成してください。
  2. ファイルの名前を normal.awt に変更。

ただ空の .awt ファイルを保存してはいけません。上記の方法を使うときは .rtf テンプレートを使用するように Abiword を設定する必要があります。

Abiword と libgnomeprint の衝突が解決されれば、上記の手順は必要なくなります。