Acer Aspire E5-575

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Arch Linux ISO から起動

Arch Linux ISO から起動するには、F2 を押して UEFI の設定を開いてください (InsydeH20 settings v5.0)。そして管理者パスワードを設定してください。そこからセキュアブートを無効化してメディアから起動することができます。

設定

UEFI メニューにエントリを追加

UEFIefibootmgr で作成したメニューエントリから起動しません。UEFI Shell (v.2) で bcfg を使ってエントリを追加してください。Arch Linux ISO から起動して UEFI Shell を表示できます。

信頼済みのEFI 実行ファイルでセキュアブートを使う

UEFI の設定でセキュアブートを使って EFI 実行ファイルを信頼できると設定することができます。実行ファイルの末尾は .efi でなければなりません。例えば、EFISTUB を使って Linux カーネルを直接起動する場合、vmlinuz-linuxvmlinuz-linux.efi にコピーして UEFI の設定でファイルを信頼済みに設定してください。実行ファイルを更新したら、UEFI 設定で信頼済みリストから削除して再度追加する必要があります。信頼済みエントリは一度に全て削除するしかなく、個別に削除することはできません。

他の方法はセキュアブートを見てください。

ファンクションキー

ほとんどのファンクションキーは設定を変更しなくても動作します。サスペンド (Fn+F4), ディスプレイの消灯 (Fn+F6), タッチパッドの無効化・有効化 (Fn-F7), キーボードバックライトの無効化・有効化 (Fn+F9) は全て機能します。さらに Fn+DelIns に、Fn+12Scroll Lock にマッピングされます。

輝度キー (Fn+LeftFn+Right) を使えるようにするにはカーネルパラメータに以下を追加してください:

acpi_osi=Linux acpi_backlight=vendor

他のファンクションキーはメディアキーとして認識されるため、キーボードショートカットとして追加することができます。

ファンクションキー (Fn+) メディアキー
F3 XF86WLAN
F8 XF86AudioMute
Up XF86AudioRaiseVolume
Down XF86AudioLowerVolume
Home XF86AudioPlay
Page Up XF86AudioStop
Page Down XF86AudioPrev
End XF86AudioNext

ハードウェア

lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0408:a030 Quanta Computer, Inc.
Bus 001 Device 002: ID 04ca:3015 Lite-On Technology Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Xeon E3-1200 v6/7th Gen Core Processor Host Bridge/DRAM Registers (rev 02)
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation HD Graphics 620 (rev 02)
00:14.0 USB controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP USB 3.0 xHCI Controller (rev 21)
00:14.2 Signal processing controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP Thermal subsystem (rev 21)
00:15.0 Signal processing controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP Serial IO I2C Controller #0 (rev 21)
00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP CSME HECI #1 (rev 21)
00:17.0 SATA controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP SATA Controller [AHCI mode] (rev 21)
00:1d.0 PCI bridge: Intel Corporation Sunrise Point-LP PCI Express Root Port #9 (rev f1)
00:1d.2 PCI bridge: Intel Corporation Device 9d1a (rev f1)
00:1d.3 PCI bridge: Intel Corporation Device 9d1b (rev f1)
00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation Device 9d4e (rev 21)
00:1f.2 Memory controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP PMC (rev 21)
00:1f.3 Audio device: Intel Corporation Sunrise Point-LP HD Audio (rev 21)
00:1f.4 SMBus: Intel Corporation Sunrise Point-LP SMBus (rev 21)
02:00.0 Network controller: Qualcomm Atheros QCA9377 802.11ac Wireless Network Adapter (rev 31)
03:00.0 Unassigned class [ff00]: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8411B PCI Express Card Reader (rev 01)
03:00.1 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller (rev 12)
lscpu
Architecture:        x86_64
CPU op-mode(s):      32-bit, 64-bit
Byte Order:          Little Endian
CPU(s):              4
On-line CPU(s) list: 0-3
Thread(s) per core:  2
Core(s) per socket:  2
Socket(s):           1
NUMA node(s):        1
Vendor ID:           GenuineIntel
CPU family:          6
Model:               142
Model name:          Intel(R) Core(TM) i3-7100U CPU @ 2.40GHz
Stepping:            9
CPU MHz:             700.122
CPU max MHz:         2400.0000
CPU min MHz:         400.0000
BogoMIPS:            4800.00
Virtualization:      VT-x
L1d cache:           32K
L1i cache:           32K
L2 cache:            256K
L3 cache:            3072K
NUMA node0 CPU(s):   0-3
Flags:               fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc art arch_perfmon pebs bts rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 sdbg fma cx16 xtpr pdcm pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand lahf_lm abm 3dnowprefetch cpuid_fault epb invpcid_single pti tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid mpx rdseed adx smap clflushopt intel_pt xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves dtherm arat pln pts hwp hwp_notify hwp_act_window hwp_epp

既知の問題

Trusted Platform Module

systemd のジャーナルに以下のように表示されることがあります:

Feb 17 09:58:29 kernel: platform MSFT0101:00: failed to claim resource 1: [mem 0xfed40000-0xfed40fff]
Feb 17 09:58:29 kernel: acpi MSFT0101:00: platform device creation failed: -16

上記のメッセージは Trusted Platform Module (TPM) が関連しており、TPM を使わないのであれば UEFI 設定で無効化することができます。

ジャーナルで i915 のエラー

ジャーネルに以下のようなエラーメッセージが表示される場合:

Failed to release pages: bind_count=1, pages_pin_count=1, pin_global=0

上記のエラーは Intel のドライバーが関連しているため、xf86-video-intel を削除することでエラーを消せます。

詳しくは 上流のバグ を見てください。

Dell ではないというエラー

ジャーナルで以下のようにエラーが表示される場合:

dell_smbios: Unable to run on non-Dell system

dell_laptop カーネルモジュールをブラックリストに追加してください。