Amarok

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Amarok は Linux 向けの音楽プレイヤー・管理ソフトウェアです。直感的な Qt インターフェイスを搭載しており KDE との親和性がとても高くなっています。

Amarok 2 には Amarok 1.4 の全ての機能は実装されていません [1]。そのため新しいバージョンが手に馴染まない場合は古いバージョンを使って下さい。

インストール

amarok パッケージをインストールしてください。

Amarok は Phonon に依存しているため、Phonon のバックエンドをインストールする必要があります。KDE#Phonon を見て下さい。選択したバックエンドによってはコーデックもインストールしなくてはなりません。

カスタマイズ

GNOME の統合

メイン GUI の見た目を統合するには Qt と GTK アプリケーションの外観の統合を参照してください。

スクリプトとアプレット

新しいスクリプトやアプレットは Amarok の中から直接見つけたり (Tools > Script Manager > Get More Scripts) または kde-apps.org で探すことができます。

Moodbar

moodbar は再生しているトラックのムードにあわせて標準のプログレススライダーバーを色付きのプログレススライダーバーに変える機能です。

AUR から moodbarAUR をインストールしてください。

そして Settings > Configure Amarok を開いて "Show moodbar in progress slider" にチェックを入れて下さい。

ノート: As of February 19th Amarok 2 does not generate moodfiles, you can either try to follow this tutorial [2][リンク切れ 2015-04-23] to create them yourself or get Amarok1 from AUR and let it generate all the .mood files for you. For the Amarok1 solution go to Settings > Configure Amarok, and in the general tab check the "use moods" and "store moods data files with music" boxes.

SHOUTcast

納得のいく説明はされていませんが、何らかの理由で Amarok の開発者はバージョン 2.1.90 から SHOUTcast インターネットラジオ機能を削除しました。議論ページ や、フォーラムの 投稿 や、こちら のスレッドを見て下さい。

"SHOUTcast service" スクリプトを使うことで SHOUTcast をカムバックさせることができます。Amarok を起動して、Tools > Script Manager > Get More Scripts を開いて、SHOUTcast を検索して Shoutcast Service をインストール、そして Amarok を再起動してください。"Internet" コンテキストに SHOUTcast が表示されます。

Amarok 1.4 と VLC はこれまで同様に SHOUTcast インターネットラジオ局のインデックスとストリーミングをサポートしています。

How can I use Amarok to stream to my own radio station? では AUR にある Internet DJ Console を推奨しています (idjcAUR)。

Ampache/MP3 ストリーミング

MP3 を直接ストリーミングしたり Ampache プラグインを使用する場合、GStreamer バックエンドを使っていないとトラックをシークすることができません。必要なパッケージをインストールしてください: phonon-qt4-gstreamer phonon-qt5-gstreamer gst-libav。そして Amarok から Settings > Configure Amarok > Playback > Configure Phonon > Backend を開いて GStreamer をバックエンドに設定してください。

コレクションデータベース

Amarok 2.x では Sqlite (デフォルト) や MySQL を使ってコレクションデータベースを保存することができます。巨大なコレクションがある場合やパフォーマンスを出したい場合は mysql を使用するのが良いでしょう。

MySQL

基本的な MySQL の設定は MySQL のページを参照してください。

Amarok で MySQL を使うときはデータベースにアクセスできる MySQL ユーザーを作成する必要があります。ユーザーを作成するには、以下を実行します:

# mysql -p -u root
# CREATE DATABASE amarokdb;
# USE amarokdb;
# GRANT ALL ON amarokdb.* TO amarokuser@localhost IDENTIFIED BY 'password-user';
# FLUSH PRIVILEGES;
# quit

これで 'amarokdb' という名前のデータベースと、ユーザー名が 'amarokuser' でパスワードが 'password-user' のローカルホストからデータベースにアクセスできるユーザーが作成されます。別のコンピュータからデータベースのあるコンピュータに接続したい場合、以下のように変更してください:

# GRANT ALL ON amarok.* TO amarokuser@'%' IDENTIFIED BY  'password-user';

MySQL を使うように Amarok を設定するには、Amarok の設定画面を表示して、Database を選択して "used external MySQL database" にチェックを入れて下さい。サーバー (ローカルマシンの場合は "localhost"、リモートマシンの場合はそのマシンの名前) とユーザー名 (上記の例では "amarokuser") そしてパスワード (同 "password-user") を入力します。音楽コレクションのパスを選択するのを忘れないで下さい。

PostgreSQL

現在はサポートされていません。こちら[リンク切れ 2015-04-23] を参照。

音楽 CD の再生

デスクトップ環境として KDE を使っていない場合、Amarok から音楽 CD を再生するのに必要なユーティリティがインストールされていないことがあります。音楽 CD を再生するには audiocd-kio4インストールしてください。

Firefly/Daap 共有

Amarok から Daap の共有を使用するには Amarok の設定で "DAAP Collection" プラグインを有効にしてください。

nss-mdns をインストールして /etc/nsswitch.conf の hosts 行を以下のように記述します:

hosts: files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] nis dns mdns4

そして avahi-daemonsystemd サービスを起動してください。

参照