Arch テストチーム

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Arch テストチームは testing リポジトリに投稿されたパッケージが機能するかどうか確認するのが役目の Arch コミュニティのグループです。パッケージが正しくインストールできるか、依存するパッケージに問題を起こさないかなどを確認しています。

Arch テスターはパッケージが安全だと承認することで、パッケージを testing リポジトリから core, extra, community リポジトリにパッケージを移動することができるようになります。

貢献

公式の Arch テスターになりたい場合は メールFlorian Pritz に連絡をとって、テスターアカウント を入手してください。

テスターアカウントを取得したら、archweb にログインして signoffs タブを見てください。signoffs タブでは testing リポジトリに含まれているパッケージ (最低でも2つの「承認」が必要) のリストが表示されます。

リストに載っているパッケージをテストして、問題がなかったら、パッケージの signoff ボタンをクリックして承認してください。

ヒント: arch-signoff パッケージに含まれている signoff(1) を使うことでコマンドラインからパッケージを承認することができます。

ガイドライン

Arch のパッケージをテストするときは、以下の点に気をつけてください:

  • カーネルあるいはカーネルモジュールに依存するパッケージをテストする場合、マシンを再起動して正しく起動することを確認してください
  • 仮想化ソフトウェアでのテストは禁止されていませんが、普通の環境でパッケージをテストするのと全く同じとはいきません。特にカーネルパッケージなどハードウェアによって挙動が変わるパッケージには注意してください。
  • ライブラリをテストする場合、ライブラリを使用するバイナリを実行すると良いでしょう。共有オブジェクトファイルがロードされていることを ldd で確認してください。
  • 同じように、パッケージに実行可能ファイルが付属している場合、基本機能をテストすることを推奨します。
  • パッケージをテストしてエラーに気がついたときは、詳しいバグレポートを バグトラッカー に追加してください:
    • パッケージの名前、バージョン、pkgrel
    • パッケージのどのコンポーネントに問題があるのか (例: バイナリや設定ファイル)
    • エラーの発生方法 (例: インストール時、使用方法など)
    • 関連するエラーメッセージやログ
    • バグのカテゴリは Packages: Testing にしてください

協力

#archlinux-testing IRC チャンネルで他のテスターと連絡を取り合うことができます。

arch-commits メーリングリストでパッケージのアップデートを確認できます (メールの頻度が高いので注意)。