archinstall

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

archinstallArch Linux をインストールするためのヘルパーライブラリです。いくつかの事前設定されたインストーラー、例えば "guided" インストーラーなどがパッケージに含まれています。

このドキュメントは Python ライブラリとしての archinstall の使用については扱いません。その目的では [1] を参照してください。

警告: archinstall は 実験的な ソフトウェアで、標準の インストール 手順とは異なるデフォルトを提供します。archinstall を使ってインストールしたシステムを使用している時は、サポートリクエスト内でそのことに言及して /var/log/archinstall/install.log を提供してください。
ノート: archinstall は GRUB により BIOS を実験的にサポートしています。

インストーラーの実行

始めに、インストールガイド#インストールの準備 に従って ライブ環境 を入手して起動してください。archinstall パッケージはライブメディアに含まれていて、直接実行することができます。

# archinstall

guided インストーラーは以下のステップを実行 (入力を要求) します。

  1. ロケール の設定
  2. ミラー の選択
  3. ディスクの パーティショニング
  4. パーティションの フォーマット
  5. ディスク暗号化 の有効化 (任意)
  6. ホストネーム の設定
  7. root パスワードの設定
  8. ブートローダー のインストール (UEFI は systemd-boot、BIOS は GRUB のみ対応)。
警告: root パスワードを空白のままにすると、root アカウントは無効になり、特権昇格には sudo を使うことになります。これはシステムからあなたを締め出す可能性があるため、一般的に推奨されません。Sudo#root ログインを無効化 を参照してください。
ノート: インストーラーはインストールされるシステムに Systemd-networkd を使って有線インターフェースを設定することや、ISO で使用されている設定をコピーすることができます。これは、Iwd#iwctl を使って無線インターフェースを設定している場合、そのパスワードを含む設定は、インストールされるシステムにコピーされることを意味します。ISO に存在する有線インターフェースの設定もコピーします。

追加のパッケージは Write additional packages to install プロンプトの後に指定することでインストールできます。

インストールが完了したら、安全に再起動できることを示す緑のテキストが表示されます。これは、再起動に使用するコマンドでもあります。

プロファイル

archinstall は プロファイル、あるいは複数のパッケージと事前設定されたオプションを含み、ベースシステムの次にインストールすることができます。

警告: パッケージに含まれているプロファイルは archinstall 固有のもので、パッケージメンテナによるサポートはありません。ユーザーはそれぞれのプロファイルの詳細を、使用する前に確認することが推奨されます。

参照

翻訳ステータス: このページは en:Archinstall の翻訳バージョンです。最後の翻訳日は 2021-09-03 です。もし英語版に 変更 があれば、翻訳の同期を手伝うことができます。