Bluetooth マウス

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

この記事ではグラフィカルなアプリケーションを使わずに、コマンドラインで Bluetooth マウスを設定する方法を説明します。

インストール

最新の Linux の bluetooth スタック (Bluez5) が含まれている bluez パッケージをインストールしてください。また、bluetoothctl ユーティリティが含まれている bluez-utils もインストールすると良いでしょう。詳しくは Bluetooth を見て下さい。

Bluez5 の手順

ヒント: 続行する前に bluetooth デーモンが起動していることを確認してください。

Bluez5 には bluetooth デバイスの設定を行うためのシンプルなインターフェイスである bluetoothctl ユーティリティが備わっています。

以下は bluetoothctl を使って bluetooth マウスに接続する例です:

# bluetoothctl
[bluetooth]# list
Controller <controller mac> BlueZ 5.5 [default]
[bluetooth]# select <controller mac>
[bluetooth]# power on
[bluetooth]# scan on
[bluetooth]# agent on
[bluetooth]# devices
Device <mouse mac> Name: Bluetooth Mouse
[bluetooth]# pair <mouse mac>
[bluetooth]# trust <mouse mac>
[bluetooth]# connect <mouse mac>

起動時にデバイスをスタートさせたいときは udev ルールを作成する必要があります。詳しくは Bluetooth#Bluetoothctl を見て下さい。

ヒント: 以前 USB の Bluetooth ドングルを使用していて別の USB ポートに移した場合、bluetoothctl から remove <mouse mac> コマンドを使ってマウスの MAC アドレスを削除してからもう一度設定をやり直す必要があります。

トラブルシューティング

マウスに遅延が発生する

マウスにラグが発生する場合はポーリングレートを上げてみてください。詳しくはマウスのポーリングレートを参照。

USB ドングルの問題

USB ドングルで問題が発生する場合、以下のコマンドを試してみてください:

# modprobe -v rfcomm

次のコマンドを使って hci0 デバイスを取得できるはずです:

# hcitool dev

ときどきデバイスが正しく有効にならないことがあります。次のコマンドでインターフェイスを起動してみてください:

# hciconfig hci0 up

その後、上に書かれているようにデバイスを検索してください。