CDemu

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

CDemu は光学ドライブとディスク (CD-ROM や DVD-ROM) をエミュレートするために作られたソフトウェアスイートです。CDemu を使うことで標準的な ISO-9660 ファイルシステム以外のディスクイメージを使用することができます。例えば .bin/.cue, .nrg, または .ccd イメージなど。mount が直接扱うことができるのは (ファイルシステムが一つだけ含まれる) .iso ディスクイメージだけですが、多くのイメージでは複数のセッションが含まれています。つまり、cdemu があれば、あらゆるイメージファイルを簡単にマウントできるということです。

インストール

CDemu は公式リポジトリcdemu-client パッケージでインストールすることができます。cdemu-daemon.service という名前の便利な systemd サービスが付いています。

systemd は CD/DVD ドライブのドライバーを自動的にロードしないため、手動でロードする必要があります:

# modprobe sg sr_mod

GUI

AUR から複数の GUI をインストールできます。

  • GTK/Gnome: gcdemuAUR は公式の GTK バージョンであり、GNOME パネルアプレットも入っています。
  • KDE: kde-cdemu-managerAUR はイメージファイルを右クリックしたときに Dolphin のアクションメニューで使えるようになる KDE 用の GUI です。
  • Plasma 5: kde-cdemu-manager-kf5AURkde-cdemu-managerAUR の KF5 ポートです。

単一のイメージを1番目のデバイスにロード:

# cdemu load 0 ~/image.mds

複数のイメージを1番目のデバイスにロード:

# cdemu load 0 ~/session1.toc ~/session2.toc ~/session3.toc

ASCII/Unicode 以外のエンコーディングのテキストベースのイメージをロード:

# cdemu load 0 ~/image.cue --encoding=windows-1250

暗号化されたイメージをロード、引数でパスワードを指定:

# cdemu load 0 ~/image.daa --password=seeninplain

1番目のデバイスをアンロード:

# cdemu unload 0

デバイスの状態を表示:

# cdemu status

デバイスのマッピング情報を表示:

# cdemu device-mapping

1番目のデバイスのデーモンデバッグマスクを設定:

# cdemu daemon-debug-mask 0 0x01

1番目のデバイスのライブラリデバッグマスクを取得:

# cdemu library-debug-mask 0

全てのデバイスで DPM エミュレーションを無効化:

# cdemu dpm-emulation all 0

1番目のデバイスの転送速度エミュレーションを有効化:

# cdemu tr-emulation 0 1

1番目のデバイスのデバイス ID を変更:

# cdemu device-id 0 "MyVendor" "MyProduct" "1.0.0" "Test device ID"

サポートされているパーサーを確認:

# cdemu enum-supported-parsers

サポートされているフラグメントを確認:

# cdemu enum-supported-fragments

サポートされているデーモンデバッグマスクを確認:

# cdemu enum-daemon-debug-masks

サポートされているライブラリデバッグマスクを確認:

# cdemu enum-library-debug-masks

デーモンとライブラリのバージョンを表示:

# cdemu version