cURL

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

cURL は URL を使ってデータを転送するためのコマンドラインツールおよびライブラリです。このコマンドは、HTTP、HTTPS、FTPSCP や SFTP などさまざまなプロトコルをサポートしています。また、スクリプトのように、ユーザーの操作なしで動作するように設計されています。

インストール

curl パッケージをインストールします。

使用方法

ダウンロード

cURL の一般的な使用例は、指定したファイルにリソースをダウンロードすることです。

$ curl -o file name URL

URL にファイル名が含まれている場合は、リソースをその名前のファイルに直接保存できます。

$ curl -O URL

同様に、-J を使用すると、ファイルの名前を決めるためのヒントを HTTP サーバー (Content-Disposition ヘッダー) から受け取ることができます。-O と組み合わせると、HTTP サーバーが応答でファイル名のヒントを返さなかった場合は、curl は URL で指定されたファイル名を使用します。

また、出力オプションを省略して、リソースを標準出力に出力することもできます。

$ curl URL

HTTP POST

cURL を使用して HTTP POST リクエストを行うことができます。

$ curl -d 'request body' URL

リクエストの本文がコマンドラインに収まらない場合は、cURL はファイルからリクエストを読み込むことができます。

$ curl -d @file name URL

場合によっては、Content-Type ヘッダーにカスタム値を指定する必要があるかもしれません(cURL のデフォルト値は application/x-www-form-urlencoded)。これには -H を使います。例えば、JSON body を利用して、POST リクエストを作成する場合は以下のようにします。

$ curl -d 'json body' -H 'Content-Type: application/json' URL

参照

翻訳ステータス: このページは en:CURL の翻訳バージョンです。最後の翻訳日は 2021-08-09 です。もし英語版に 変更 があれば、翻訳の同期を手伝うことができます。