Cagebreak

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

CagebreakWayland 用のタイル型コンポジタです。cage をベースとしており、キーボードや UNIX ドメインソケットで簡単に操作できる ratpoison の影響を受けています。

インストール

cagebreakAUR または cagebreak-binAURインストールしてください。もしくは リリース版 tarball をダウンロードするか リポジトリ をクローンしてください。

任意の依存パッケージ

設定

cagebreak の全般設定は $XDG_CONFIG_PATH/cagebreak/config に存在します。デフォルトは ~/.config/cagebreak/config です。

詳しくは 設定の man ページ を見てください。#ソケットによる操作を使って設定を追加することも可能です。

設定ファイルの例は Github にあります。

使用方法

他のバイナリと同じように cagebreak を実行してください。

はじめに

以下は Github にある設定ファイルを使って cagebreak をインストール・使用する例です。

  1. #インストールにあるように cagebreak をインストール。特に理由がなければ cagebreak-binAUR を使うことを推奨します。
  2. Github から $XDG_CONFIG_PATH/cagebreak/config にサンプル設定をコピー。ドキュメントは configuration man page に存在します。
  3. xterm をインストールするか設定ファイル内の xterm を適当なターミナルエミュレータに置き換えてください。
  4. 以下のコマンドを実行するか ~/.bash_profile に追加してログイン時に cagebreak を起動するように設定:
    • MOZ_USE_WAYLAND=1 GDK_BACKEND=wayland XKB_DEFAULT_LAYOUT=us cagebreak
  5. Cagebreak が起動すると上記で指定したターミナルエミュレータが表示されます。C-t t を押して新しいターミナルを開いたり C-t S で画面を分割できます。また、Alt-<number> でワークスペースを <number> に切り替えられます。利用可能なキーバインドについては設定ファイルや documentation を参照してください。
  6. If you wish, you may also interact with cagebreak using the unix domain socket. See #Interaction through socket for further information.
  7. Also, please file any bugs you may find:

キーボードレイアウト

Set the environment variable XKB_DEFAULT_LAYOUT to the desired keyboard layout. See the man page for further information.

ソケットによる操作

On startup, cagebreak opens a unix domain socket through which interaction with the compositor is possible at run-time. The path to this socket is stored in the CAGEBREAK_SOCKET environment variable. For example, openbsd-netcat may be invoked with:

$ nc -U $CAGEBREAK_SOCKET

to send cagebreak any configuration while it is running. The syntax is identical to the syntax of the configuration file.

参照

  1. github
  2. github wiki
  3. pkgbuild on github