Chromebook Pixel 2

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
警告: この記事ではサードパーティ製のスクリプトなどを使用するため、ハードウェアやデータに修復不可能なダメージを与える可能性があります。自己責任で使用してください。

Chromebook Pixel 2 は Google によって販売されている2015年製の Chromebook です。このページでは Pixel 2 に Arch Linux をインストールする方法を説明します。Pixel 2 はコードネームの Samus という名前で呼ばれたり、Chromebook Pixel LS と呼ばれることもあります。

フォーラムスレッドも参照してください: [1]

デベロッパーモードの有効化

他の Chrome OS デバイスと同じようにデベロッパーモードを有効化してください。Esc と F3 (更新アイコン) を押しながら電源を切り、電源ボタンを押してから Ctrl-D でデベロッパーモードが有効になります。

デベロッパーモードが有効になると全てのデータが消去されます。

ハードウェア書き込み保護の無効化

Chromebook の電源を切って下さい。慎重に粘着テープを剥がします。よく伸びるので、剥がすときは押し上げます。粘着テープの端っこを引っ張ってはいけません。そして粘着テープの下にあるネジを全て外して下さい。ネジを緩めるとフタが外れます。

デバイスを開いたら、金色のワッシャーが付いているネジを探してください。左のスピーカーと USB タイプ A 端子の間にあります。そして完全にネジを取り外して下さい。もう一度 Chromebook を組み立てて電源を入れます。

インストール

ノート: USB 3.0 では問題が起こることがあります。インストールメディアは USB 2.0 を使用してください。

デベロッパーモードを有効化してから、スーパーユーザーシェルを使って SeaBIOS を有効化してください。「デフォルトで SeaBIOS を起動」セクションの警告に書いてあることは Chromebook Pixel (2015) では起こらないので心配する必要はありません。最後に Arch Linux をインストールしてください。ただし GRUB には注意が必要です。

Grub

デフォルトではメニューが表示されません。GRUB_GFXMODE が auto に設定されていて Grub が適切なビデオモードを認識できないためです。grub コマンドラインで vbeinfo を使うと 1280x850x16 と検出されます。メニューを表示するには /etc/default/grubGRUB_GFXMODE をオフにするか適切なディスプレイを設定してください:

GRUB_TERMINAL_OUTPUT=console

もしくは次を設定:

GRUB_GFXMODE=1280x850x16

設定後、次を実行:

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

インストール時に上記の設定をしなかった場合、もういちどインストールメディアを起動してディスクをマウントし arch-chroot してから設定できます。

ChromeOS と Arch Linux のデュアルブート

Chrome OS デバイス#別のインストール方法: Chrome OS に加えて Arch Linux をインストールを見て下さい。

タッチパッドとタッチスクリーン、オーディオ

Linux 4.9 (標準カーネル)

タッチパッド・タッチスクリーン・オーディオは全て上流の 4.9 カーネルで問題なく動作します。

linux-samus README にスピーカーをミュートする方法がありますが、コマンドの中で使われているカード ID は変更する必要があります (-c 0)。カードの ID は aplay -l で確認できます。

Linux 4.9 (Samus)

linux-samus4AUR パッケージをインストールしてください。インストールしたら linux-samus4AUR イメージを起動できるようにブートローダーを設定する必要があります。詳しくは [2] を参照。

linux-samus4 カーネルで起動したときに画面が表示されない場合、/etc/mkinitcpio.confMODULESi915 を追加して mkinitcpio -p linux-samus4 でイメージを再生成してみてください。詳しくは Intel Graphics を見てください。

ノート: mkinitcpio -p linux-samus4 を実行するときは /boot がマウントされていることを確認してください。

バックライト

ディスプレイのバックライトは /sys/class/backlight/intel_backlight/ で制御できます。linux-samus4AUR に含まれている brightness スクリプトを見てください。

キーボードのバックライトは /sys/class/leds/chromeos::kbd_backlight/ で制御できます。同じく keyboard_led スクリプトを見てください。

キーボードのバインド

xkeyboard-config の 2.16-1 から chromebook モデルが追加され、ファンクションキーを Chrome OS と同じように機能するように設定できるようになりました。例えば localectl set-x11-keymap us chromebook で使用することができます。マッピングについて詳しくは /usr/share/X11/xkb/symbols/inetchromebook の定義を参照してください。

検索ボタンは Super_L キーとして機能します。xmodmap を使うことで、好きなキーにバインドすることができます。6層のキーボードレイアウトで Tab を使う例:

$ xmodmap -e "keycode 133 = Tab Tab Tab Tab Tab Tab"

上記を .xinitrc に追加すればログイン時にロードされます。

参照