ClamAV

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Clam AntiVirus は UNIX 用のオープンソースの (GPL) アンチウイルスツールキットです。柔軟性がありマルチスレッドで動作するデーモンやコマンドラインスキャナー、データベースを自動的に更新するツールなど、さまざまなユーティリティが含まれています。ClamAV は主として Windows デスクトップのためのファイル・メールサーバーで使われることを想定しているので、基本的には Windows のウイルスやマルウェアを検知します。

インストール

ClamAV は clamav パッケージでインストールできます。

データベースの更新

次のコマンドでウイルス定義を更新します:

# freshclam

データベースのファイルは以下に保存されます:

/var/lib/clamav/daily.cvd
/var/lib/clamav/main.cvd
/var/lib/clamav/bytecode.cvd

ウイルス定義をアップデートするサービスは freshclamd.service です。このサービスを起動・有効化することでウイルス定義が最新になります。

デーモンの起動

サービスを起動する前にデータベースを更新しないと問題が発生して ClamAV が正しく起動できなくなります。

サービスの名前は clamd.service です。サービスを起動する方法などはデーモンを読んでください。サービスを起動する前に freshclam を実行してください。

ソフトウェアのテスト

ClamAV とウイルス定義が正しくインストールされているかどうか確かめるには、clamscan で EICAR テストファイル (ウイルスコードは含まれていない無害な署名です) をスキャンします。

$ curl http://www.eicar.org/download/eicar.com.txt | clamscan -

以下が出力されれば検出成功です:

stdin: Eicar-Test-Signature FOUND

上記の表示が出ない場合、トラブルシューティングを読むか、あるいは Arch フォーラム に投稿してください。

データベースや署名リポジトリの追加

ClamAV は他のリポジトリやセキュリティベンダーから提供されたデータベースや署名を使うことができます。

clamav-unofficial-sigsAUR をインストールして /etc/clamav-unofficial-sigs/user.conf で設定するだけで MalwarePatrol, SecuriteInfo, Yara, Linux Malware Detect などの署名・データベースを追加できます。データベースについては GitHub リポジトリの説明 を読んでください。

clamav-unofficial-sigs の設定

まず /etc/clamav-unofficial-sigs/user.conf を編集して以下の行を変えてください:

# Uncomment the following line to enable the script
user_configuration_complete="yes"

そして以下のコマンドを実行して非公式の署名サービスを有効化 (マニュアルページやログローテーション、cron ジョブなどが含まれています):

# clamav-unofficial-sigs.sh --install-all

ClamAV で署名アップデートを行うために clamd サービスは動作させ続ける必要があります。

clamav-unofficial-sigs スクリプトで使われているデータベースと /etc/clamav-unofficial-sigs の設定ファイルで設定されているデータベースから署名が更新されます。手動でデータベースから署名を更新するには、以下のコマンドを実行:

# clamav-unofficial-sigs.sh

cron ジョブの実行を止めるには /etc/cron.d/clamav-unofficial-sigs ファイルを削除してください。

MalwarePatrol データベース

MalwarePatrol データベースを使用したい場合 https://www.malwarepatrol.net/ でアカウントを登録してください。

/etc/clamav-unofficial-sigs/user.conf の以下の行を変えることで有効にできます:

malwarepatrol_receipt_code="YOUR-RECEIPT-NUMBER" # enter your receipt number here
malwarepatrol_product_code="8" # Use 8 if you have a Free account or 15 if you are a Premium customer.
malwarepatrol_list="clamav_basic" # clamav_basic or clamav_ext
malwarepatrol_free="yes" # Set to yes if you have a Free account or no if you are a Premium customer.

詳しくは https://www.malwarepatrol.net/clamav-configuration-guide/ を参照。

ウイルスのスキャン

clamscan を使って特定のファイルやホームディレクトリ、もしくはシステム全体をスキャンすることができます:

$ clamscan myfile
$ clamscan --recursive --infected /home # or -r -i
$ clamscan --recursive --infected --exclude-dir='^/sys|^/dev' /

感染しているファイルを clamscan に削除して欲しい場合はコマンドに --remove オプションを使って下さい。隔離したい場合は --move=/dir を使います。

clamscan で巨大なファイルをスキャンするときは、コマンドに --max-filesize=4000M--max-scansize=4000M オプションを追加してください。4000M というサイズは最大値です。必要に応じて低い値に置き換えてください。

-l path/to/file オプションを使うと clamscan のログがテキストファイルに出力されます。

milter を使う

/etc/clamav/clamav-milter.conf.sample/etc/clamav/clamav-milter.conf にコピーして必要に応じて編集してください。例:

/etc/clamav/clamav-milter.conf
MilterSocket /run/clamav/clamav-milter.sock
MilterSocketMode 660
FixStaleSocket yes
User clamav
PidFile /run/clamav/clamav-milter.pid
TemporaryDirectory /tmp
ClamdSocket unix:/var/lib/clamav/clamd.sock
LogSyslog yes
LogInfected Basic

/etc/systemd/system/clamav-milter.service を作成:

/etc/systemd/system/clamav-milter.service
[Unit]
Description='ClamAV Milter'
After=clamd.service

[Service]
Type=forking
ExecStart=/usr/bin/clamav-milter --config-file /etc/clamav/clamav-milter.conf

[Install]
WantedBy=multi-user.target

サービスを有効化して起動してください。

オンアクセススキャン

オンアクセススキャンはファイルを読み書き実行した際にスキャンを実行する機能です。

オンアクセススキャンを使うには fanotify を有効にしてコンパイルしたカーネルが必要です (カーネル 3.8 以上)。オンアクセススキャンを有効にする前に fanotify が有効になっているか確認してください:

$ cat /proc/config.gz | gunzip | grep FANOTIFY=y

/etc/clamav/clamd.conf を編集することでオンアクセススキャンを有効にできます:

/etc/clamav/clamd.conf
# Enable son-access scan, required clamd service running
ScanOnAccess true

# Set the mount point where to recursively perform the scan,
# this could be every path or multiple path (one line for path)
OnAccessMountPath /usr
OnAccessMountPath /home/
OnAccessExcludePath /var/log/

# flag fanotify to block any events on monitored files to perform the scan
OnAccessPrevention false

# perform scans on newly created, moved, or renamed files
OnAccessExtraScanning true

# check the UID from the event of fanotify
OnAccessExcludeUID 0

# action to perform when clamav detects a malicious file
# it is possibile to specify ad inline command too
VirusEvent /etc/clamav/detected.zsh

# WARNING: clamd should run as root
User root

以下のファイルを作成してください:

/etc/clamav/detected.zsh
#!/usr/bin/env zsh
alert="Signature detected: $CLAM_VIRUSEVENT_VIRUSNAME in $CLAM_VIRUSEVENT_FILENAME"

echo "$(date) - $CLAM_VIRUSEVENT_VIRUSNAME > $CLAM_VIRUSEVENT_FILENAME" >> /var/log/clamav/infected.log

if [[ -z $(command -v notify-send) ]]; then
  echo "$alert" {{!}} wall -n
else
  notify-send "$alert"
fi

AppArmor を使用している場合、clamd を root で実行できるように設定してください:

# aa-complain clamd

設定後 clamd.service再起動してください。

詳しくは http://blog.clamav.net/2016/03/configuring-on-access-scanning-in-clamav.html を参照。

トラブルシューティング

Error: Clamd was NOT notified

freshclam を実行した後に以下のメッセージが表示される場合:

WARNING: Clamd was NOT notified: Cannot connect to clamd through 
/var/lib/clamav/clamd.sock connect(): No such file or directory

ClamAV の sock ファイルを追加してください:

# touch /var/lib/clamav/clamd.sock
# chown clamav:clamav /var/lib/clamav/clamd.sock

それから、/etc/clamav/clamd.conf を編集して次の行をアンコメントしてください:

LocalSocket /var/lib/clamav/clamd.sock

ファイルを保存してデーモンを再起動してください。

Error: No supported database files found

デーモンを起動した時に次のエラーが表示される場合:

LibClamAV Error: cli_loaddb(): No supported database files found
in /var/lib/clamav ERROR: Not supported data format

この問題は /etc/freshclam.confDatabaseDirectory の設定と /etc/clamd.confDatabaseDirectory の設定が一致していないことが原因です。/etc/freshclam.conf/var/lib/clamav を指定しているのに、/etc/clamd.conf (デフォルトディレクトリ) は /usr/share/clamav など別のディレクトリを指定してしまっています。/etc/clamd.conf を編集して DatabaseDirectory が /etc/freshclam.conf と同じになるようにしてください。設定後 clamav は問題なく起動するはずです。

Error: Can't create temporary directory

次のエラーが UID と GID の番号を含む 'HINT' と一緒に表示される場合:

# can't create temporary directory

パーミッションを直して下さい:

# chown UID:GID /var/lib/clamav & chmod 755 /var/lib/clamav