Common Lisp

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Common Lisp はインタラクティビティやパフォーマンスを強調した動的なマルチパラダイム言語です。

実装

複数の利用可能な実装があります:

  • ABCL — Armed Bear Common Lisp
https://common-lisp.net/project/armedbear/ || abclAUR
  • CCL — Clozure Common Lisp
https://ccl.clozure.com/ || cclAUR
  • CLISP — ANSI Common Lisp interpreter, compiler and debugger
https://clisp.sourceforge.io/ || clisp
  • CMUCL — CMU Common Lisp
https://www.cons.org/cmucl/ || cmucl
  • ECL — Embeddable Common Lisp
https://common-lisp.net/project/ecl/ || ecl
  • SBCL — Steel Bank Common Lisp
http://www.sbcl.org/ || sbcl

SBCL は、高度に最適化されたネイティブコード生成コンパイラを備えており、その起源は 90年代初頭にさかのぼります。正確な型派生と ANSI 規格への厳格な準拠で知られているため、汎用および科学プログラミングに特に適しています。 SBCL は CMUCL のフォークです。 CMUCL は、カーネギーメロン大学で最初に開発された posix のみの実装です。一方、ECL と CLISP はどちらも、優れた C 統合と埋め込み性を提供します。 Clozure は、Open MacintoshCommonLisp に基づく実装です。コンパイル時間が速いことで知られています。 ABCL は java 仮想マシンで動作します。

Quicklisp

Quicklisp は Common Lisp で書かれた Common Lisp ライブラリをロードするためのパッケージマネージャです。主要な Common Lisp 実装の全てで動作し、Common Lisp コミュニティの間では Common Lisp パッケージを管理するときはほぼ確実に Quicklisp が選ばれます。

SLIME

Common Lisp をインタラクティブに使用するには、Slime を参照。

参照