cwm

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

cwm は直感的に使って生産性を高めることができる X11 ウィンドウマネージャです。元は evilwm から分岐して生まれましたが、今ではスクラッチからコードベースが書き直されています。

cwm は OpenBSD のベースシステムとして開発されています。Linux で動作する「ポータブル版」も存在します。

インストール

cwmAUR パッケージが AUR からインストールできます。

設定

cmw は ~/.cwmrc を編集して設定します。デフォルトの cwmrc ファイルは存在しません。キーバインドなどのデフォルト設定は全て conf.c に定義されています。cwm(1) にデフォルトのキーバインドが載っており、cwmrc(5) に設定ディレクティブが記載されています。

unbind-key allunbind-mouse all を使うことでデフォルトのキーバインドを全て削除することができます。

ウィンドウグループ

cwm には伝統的な「ワークスペース」が存在しません。かわりとしてウィンドウを「グループ」に割り当てることができます。2つ以上のグループを同時に表示することができ柔軟に運用できます。

例えばチャットや IRC アプリケーションをグループ 4 に配置して、他のウィンドウやグループと一緒に割り当てたキーを使ってグループの表示を切り替えることができます (bind-key <k> group-toggle 4)。

bind-key <k> group-only <n> を使って特定のグループのウィンドウだけを表示して、他のウィンドウを非表示にすることも可能です。

新しいウィンドウはデフォルトではどのグループにも配置されないため、常に表示されます (常時表示ウィンドウ)。sticky yes で “sticky group mode” を有効にすることで、現在選択されているグループに割り当てるようにすることもできます。autogroup ディレクトリを使うことで自動的にウィンドウをグループ化できます。

ウィンドウの移動

ウィンドウを特定の場所に移動するアクションはありませんが、xdotool を使うことで移動できます。PATH の通っている場所に以下の cwm-w-mv スクリプトを配置してください:

#!/bin/sh
# Move a window to the side of a screen.

case "$1" in
	"left") xdotool getactivewindow windowmove 0 y ;;
	"top")  xdotool getactivewindow windowmove x 0 ;;

	"right")
		screen_width=$(xwininfo -root | grep Width | cut -d: -f2 | tr -d ' ')
		win_width=$(xdotool getactivewindow  getwindowgeometry --shell | grep WIDTH | cut -d= -f2)
		xdotool getactivewindow windowmove $(( $screen_width - $win_width )) y
		;;
	"bottom")
		screen_height=$(xwininfo -root | grep Height | cut -d: -f2 | tr -d ' ')
		win_height=$(xdotool getactivewindow  getwindowgeometry --shell | grep HEIGHT | cut -d= -f2)
		xdotool getactivewindow windowmove x $(( $screen_height - $win_height ))
		;;
	*)
		echo "Unsupported: \"$1\""
		exit 1
esac

そして以下のように cwm にバインド:

bind-key 4-h      cwm-w-mv left   # Move window to side of the screen.
bind-key 4-j      cwm-w-mv bottom
bind-key 4-k      cwm-w-mv top
bind-key 4-l      cwm-w-mv right
bind-key 4-Left   cwm-w-mv left
bind-key 4-Down   cwm-w-mv bottom
bind-key 4-Up     cwm-w-mv top
bind-key 4-Right  cwm-w-mv right

上記の設定では Mod4 (‘Windows キー’) と hjkl あるいは方向キーでウィンドウを移動できるようになります。

参照