Dell Latitude E7440

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Dell Latitude E7440 はビジネス用 Ultrabook™ です。(Arch) Linux でも問題なく動作します。

ハードウェア

Intel Core i5-4300U, 内蔵 Intel HD4400 グラフィックアダプタ, Intel Ethernet ワイヤレスネットワークアダプタ, 1080p ディスプレイの2013年12月モデルで確認しています。

lspci -nn の出力: (2014-04-11)

00:00.0 Host bridge [0600]: Intel Corporation Haswell-ULT DRAM Controller [8086:0a04] (rev 0b)
00:02.0 VGA compatible controller [0300]: Intel Corporation Haswell-ULT Integrated Graphics Controller [8086:0a16] (rev 0b)
00:03.0 Audio device [0403]: Intel Corporation Device [8086:0a0c] (rev 0b)
00:14.0 USB controller [0c03]: Intel Corporation Lynx Point-LP USB xHCI HC [8086:9c31] (rev 04)
00:16.0 Communication controller [0780]: Intel Corporation Lynx Point-LP HECI #0 [8086:9c3a] (rev 04)
00:19.0 Ethernet controller [0200]: Intel Corporation Ethernet Connection I218-LM [8086:155a] (rev 04)
00:1b.0 Audio device [0403]: Intel Corporation Lynx Point-LP HD Audio Controller [8086:9c20] (rev 04)
00:1c.0 PCI bridge [0604]: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 1 [8086:9c10] (rev e4)
00:1c.3 PCI bridge [0604]: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 4 [8086:9c16] (rev e4)
00:1c.4 PCI bridge [0604]: Intel Corporation Lynx Point-LP PCI Express Root Port 5 [8086:9c18] (rev e4)
00:1d.0 USB controller [0c03]: Intel Corporation Lynx Point-LP USB EHCI #1 [8086:9c26] (rev 04)
00:1f.0 ISA bridge [0601]: Intel Corporation Lynx Point-LP LPC Controller [8086:9c43] (rev 04)
00:1f.2 SATA controller [0106]: Intel Corporation Lynx Point-LP SATA Controller 1 [AHCI mode] [8086:9c03] (rev 04)
00:1f.3 SMBus [0c05]: Intel Corporation Lynx Point-LP SMBus Controller [8086:9c22] (rev 04)
02:00.0 Network controller [0280]: Intel Corporation Wireless 7260 [8086:08b1] (rev 73)
03:00.0 SD Host controller [0805]: O2 Micro, Inc. Device [1217:8520] (rev 01)

lsusb の出力: (2014-04-11)

Bus 001 Device 002: ID 8087:8000 Intel Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 002 Device 003: ID 1bcf:2985 Sunplus Innovation Technology Inc. 
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

動作

Intel i7-4600U, 256 GB SSD, 8 GB メモリの構成では Arch Linux を UEFI でインストールして使用できます。Arch Linux 2018.01 リリースで A22 バージョンが安定して動くことを確認ずみです。

ドライバー

インストール

インストールガイドを参照して通常通りにインストールしてください。

トラブルシューティング

起動時に "Invalid partition table!"

BIOS+MBR で起動する場合、Syslinux や他のブートローダーが表示される前に BIOS によってエラーメッセージが表示されることがあります。Enter を押せば迂回できます。エラーを防ぐには (論理パーティションではなく) プライマリパーティションの "boot" フラグを有効にしてください。

キーボードで同じ文字が複数回入力されてしまう

A10 bios で発生します。新しいバージョンの BIOS (A14) で問題が解決されます。

mSATA スロットの SSD がサスペンドから復帰した後にしか認識されない

A10 よりも前の BIOS で発生します。A10 にアップグレードする以外に解決方法はありません。

フタを閉じてサスペンドしようとするとフリーズする

[1] に書かれている2番目の方法でフリーズの頻度を減らせます。systemd の場合、以下の内容で /usr/lib/systemd/system-sleep/ にファイルを作成してください (例: 99switch_to_vt2):

#!/bin/sh
# Possible workaround for bug:
# https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1301601
#
# Switch to a VT before suspending and back after resume 
case "$1" in
    post)
        /bin/chvt 1
    ;;
    pre)
        /bin/chvt 2
    ;;
esac

Bluetooth を有効にしている場合の Wifi の問題

Bluetooth を有効にしていると通信速度が低下したり接続が途切れることがあります。必要ないときはオフにすることで問題は起こりません。ルーター側のバグが原因です (Fritzbox で発生します)。

サスペンド状態から復帰したときの Wifi の問題

復帰したときに wifi が使えなくなった場合、イーサネットケーブルを接続して BIOS から wifi と wwan の機能を無効にしてください。

E-Port Plus にドッキングして外部モニターを接続したときにフリーズする

4.2.0 カーネルでは Dell E-Port Plus にドッキングして外部モニターを接続するとフリーズすることがあります。4.1.6 では問題は確認されていません。

参照