Dell XPS 13 (9333)

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

インストール

インストールは大体問題なくできます。問題については以下を見てください。

インストールメディアの起動

BIOS と USB ドライブ

EFI の Arch イメージを起動することが可能です。ただし、GPT でフォーマットされた USB ドライブを使用した場合 XPS の BIOS は "operation system not found" [sic] と出力します (2014年の BIOS バージョン A04 / XPS 13 9333 で確認)。dd でビット単位でコピーした Arch のデュアル ISO は起動しません。USB ドライブを VFAT でフォーマットして UNetbootin などのツールを使ってドライブに syslinux MBR ブートローダーとイメージファイルをコピーしてください。これで EFI モードで起動できるようになります (起動時に F12 を押してください)。それからインストールを続行してください。

適切なパーティションをマウントするように (dosfstools に含まれている) dosfslabel を使用して USB ドライブの FAT パーティションに Arch ISO によって起動時に検索されるラベルを付けてください (例: dosfslabel /dev/sdX1 ARCH_201408)。

画面が崩れる

画面がおかしくなる場合、カーネルパラメータnomodeset を追加してください。外付けの光学ドライブを使ったときに問題が発生することがあります。

Haswell 版では、UEFI で起動したときに EFISTUB に問題が発生することがあります。詳しくは FS#33745 を見てください。回避方法は Unified Extensible Firmware Interface#USB メディアが黒画面で固まるを見てください。ブートローダーによってはインストール後にこの問題が起こることもあります。

パーティション

新しい Haswell 版では、全く新しい GPT と ESP で特に起動に問題は発生しません。BIOS でシステムを EFI で起動するように設定してください。

旧機種の XPS 13 では MBR の4つのパーティションが既に使われています。パーティションのどれかを削除すると、ブートプロセスが機能しなくなります。したがって、そのようなマシンでは Windows とのデュアルブートは不可能です。Arch だけをインストールする場合は問題ありません。USB キーに Arch Linux をインストールする方法もありますが、注意事項が存在します。#BIOS と USB ドライブを参照。

インストール後の設定

ヘッドホン出力から音が出ない

snd-hda-intel カーネルモジュールが自動的にロードされますが、自動検出ではヘッドホン出力が機能しません。ヘッドホンを接続すると認識はされますが音が出ることはなくスピーカーから音が出ます。modprobe.d ディレクトリに以下のファイルを追加して再起動してください:

/etc/modprobe.d/alsa-base.conf
options snd-hda-intel model=dell-headset-multi

上記のファイルは XPS 13 のデベロッパーエディションにプリインストールされている Ubuntu イメージに存在します。

内蔵スピーカーから音が出ない

ときどき HDMI 出力が Haswell の XPS 13 のデフォルトサウンドカードとして認識されることがあります。どちらも snd-hda-intel を使用するため、カードの vid と pid を指定する必要があります。lspci -nn | grep -i audio を実行してください。括弧の中の数字がカードの vid と pid です。

modprobe.dalsa-base.conf ファイルに以下のように追加してください:

/etc/modprobe.d/alsa-base.conf
# Intel Corporation Haswell-ULT HD Audio Controller
options snd-hda-intel index=0 model=auto vid=8086 pid=0a0c
# Intel Corporation 8 Series HD Audio Controller
options snd-hda-intel index=1 model=auto vid=8086 pid=9c20

ビープ音をオフにする

モジュールをブラックリストに入れることでエラーのビープをオフにできます。

modprobe.dnobeep.conf ファイルに以下を追加してください:

/etc/modprobe.d/nobeep.conf
# Turn off annoying beep
blacklist pcspkr

トラックパッド

Linux 3.9 現在、トラックパッドの問題を解決するフィックスはメインラインにマージされており、ハードウェアを有効にするためのカーネル linux-mainline-dellxpsAUR から削除されています。

カーネルバージョンによってはタッチパッドがタッチスクリーンと上手く動作しないことがあります。[1] を見てください。