Dell XPS 15 (9550)

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
ノート: このページでは XPS 15 の 9550 版を扱っています。Dell Precision 5510 も Nvidia Quadro 1000m カードが搭載されていないことを除いて同じです。
デバイス 状態 モジュール
ビデオ 設定が必要 i915, nvidia
ワイヤレス 動作 brcmfmac
Bluetooth 設定が必要 bluez bluez-utils
オーディオ 動作 snd_hda_intel
タッチパッド 設定が必要 libinput libinput-gestures
ウェブカメラ 動作  ?
カードリーダー 動作 rtsx_pci
無線スイッチ 動作 intel_hid
ファンクション/マルチメディアキー 設定が必要  ?
電源管理 バグが存在 ...

このページでは Arch におけるハードウェアの対応状況、インストール前のシステム設定、システムを使いやすくするインストール後の推奨事項を取り上げています。

XPS 15 9550 に Arch をインストールする手順は他の PC と変わりません。インストールについてはインストールガイドUEFI を見てください。Windows とのデュアルブートをする方法は Windows と Arch のデュアルブートを見てください。

カーネル 4.3 現在、Intel Skylake アーキテクチャは Linux カーネルでサポートされています。

インストール前のシステム設定

インストールする前に、起動中に F2 を押して UEFI ファームウェアを開いてください。

  • レガシー ROM をオフにしてください。
  • System -> SATA: AHCI に変更してください。
  • Secure Boot: 無効にしてください。
  • POST Behavior: Fastboot: Thorough

ソース: [1]

Arch のインストールは通常通りに行うことができます。詳しくはインストールガイドを見てください。

ブートパラメータ

以下のカーネルパラメータを使用することで解決できる問題があります:

i915.edp_vswing=2 i915.preliminary_hw_support=1 intel_idle.max_cstate=1 acpi_backlight=vendor acpi_osi=Linux
パラメータ 機能
i915.edp_vswing=2 画面のちらつきを抑えます。
i915.preliminary_hw_support=1 Intel Graphics の問題を解決します。
intel_idle.max_cstate=1 CPU の C ステート が 1 より大きくならなくなります。
acpi_backlight=vendor acpi_osi=Linux バックライトが制御できるようになります。

ソース: [2], [3]

グラフィック設定

Dell XPS 15 9550 は Intel HD Graphics 530 内蔵グラフィックを搭載しています。モデルによっては Nvidia GeForce GTX 960 カードが接続されていたりハイブリッド構成になっています。

内蔵グラフィックしか存在しないコンピュータでは、xf86-video-intel ドライバーをインストールしてください。

ハイブリッドグラフィック構成の XPS の場合 (GTX960M + HD Graphics 530)、Intel Graphics だけを使うようにすることでバッテリーの寿命を伸ばせます。

Intel だけを使う

使用しているモデルに nVidia のカードが接続されていて、使用することがない場合、ACPI コマンドで無効化することができます。モデルによっては、ノートパソコンの温度やバッテリーの持ちに影響があります (バッテリーが二倍持つようになることもあります)。

Optimus 設定 (Intel と Nvidia のハイブリッド)

Optimus では内蔵の Intel のチップがノートパソコンのディスプレイに接続されており、Nvidia のカードは Intel のチップを経由して動作します。そのため、Intel のチップがないと Nvidia のチップが使えません (他のノートパソコンでは BIOS から Intel をオフにして Nvidia だけを使うようにするオプションがある場合もありますが、XPS 15 では存在しません)。詳しくは Bumblebee のページを見てください。特に Bumblebee#インストールの Intel/Nvidia のセクションを参照してください。Nvidia カードのドライバーは nvidia を使用することを推奨します。

タッチパッド

デフォルトではタッチパッドはタップ入力や2本指のスクロールに反応しません。Libinput をインストールして 30-touchpad.conf/etc/X11/xorg.conf.d に追加することで動作を変えることができます:

 Section "InputClass"
     Identifier "MyTouchPad"
     MatchIsTouchpad "on"
     Driver "libinput"
     Option "Tapping" "on"
     Option "Natural Scrolling" "on"
 EndSection

ソース: [4]

ジェスチャー

libinput-gesturesAUR パッケージを使うことでカスタムジェスチャーを設定できます。ドキュメント に書かれている指示に従ってください。以下は設定例です:

~/.config/libinput-gestures.conf
# Go back/forward in chrome
gesture: swipe right 3 xdotool key Alt+Left
gesture: swipe left 3 xdotool key Alt+Right
 
# Zoom in / Zoom out
gesture: pinch out xdotool key Ctrl+plus
gesture: pinch in xdotool key Ctrl+minus
 
# Switch between desktops
gesture: swipe left 4 xdotool set_desktop --relative 1
gesture: swipe right 4 xdotool set_desktop --relative -- -1

キーボード

デフォルトでは特殊なタッチキーのマッピングが正しくありません。画面の明るさを変更しようとすると、プレイヤーの次の曲が再生されます。同じ動作をする Fn+F# キーと同じキーシーケンスが原因です。以下のファイルを作成することで解決します:

/opt/dell_touchkeys_keymap
0x90 previoussong # Previous song
0xA2 playpause # Play/Pause
0x99 nextsong # Next song
0xDB computer # First touch key, Dell apparently uses a key sequence here where 0xDB is a modifer, 0x2D stands for the touch key and 0x19 for the monitor toggle
0x85 prog1 # Second touch key
0x84 media # Third touch key

それから /etc/rc.local に以下を追加してください:

/etc/rc.local
…
# Fix touch keys
/usr/lib/udev/keymap input/event0 /opt/dell_touchkeys_keymap

ソース: [5]

電源管理

サスペンドとハイバネート

サスペンドは問題なく機能しますが、ハイバネートは安定性に欠けます。/etc/systemd/sleep.conf に以下を記述してください:

[Sleep]
HibernateState=disk
HibernateMode=shutdown

バッテリー

powertop をインストールして設定することでバッテリーの消耗を減らせます。詳しくは Powertop を見てください。BIOS でタッチスクリーンを無効化することで、さらにバッテリーを長く使うことができます。

Bluetooth

Bluetooth はデフォルトでは無効になっています。Bluetooth を使用するにはファームウェアのインストールが必要です。詳しくは Bluetooth を見てください。

Thunderbolt 3 ドック

BIOS をバージョン 1.2.19 以上にアップデートして BIOS 設定で Thunderbolt のセキュリティを無効化すればビデオ・音声・Ethernet・USB デバイスが動作するようになります。Thunderbolt のセキュリティを無効化しなかった場合、ビデと電源だけが機能します (Dell TB16 ドックで確認)。