dracut

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

ノート: メーリングリストに Mkinitcpio を Dracut で置き換える計画 について投稿されています。

dracut はカーネルによって使用される初期イメージを生成し、ルートファイルシステムにアクセスするのに必要なブロックデバイスモジュール (IDE, SCSI, RAID など) をプリロードします。linux のインストール時に mkinitcpio と dracut のどちらを使うか選択できます。dracut は Fedora, RHEL, Gentoo, Debian などのディストリビューションで使われています。

dracut の詳しいプロジェクト説明は カーネルドキュメント から確認できます。

インストール

dracut は dracut パッケージでインストールできます。

ヒント: dracut が動作することが確認できたのであれば、mkinitcpio は削除することができます。

使用方法

dracut の使い方は簡単で基本的にユーザーによる設定を必要としません。LVM on LUKS などの特殊な環境でもそれはあてはまります。

現在動作しているカーネルの initramfs を生成するには:

# dracut /boot/initramfs-linux.img

/boot/initramfs-linux.img は出力するイメージファイルを指定します。標準のカーネルを使っていない場合は、ファイルの名前を変更する必要があります。例えば linux-lts カーネルの場合、出力ファイルの名前は /boot/initramfs-linux-lts.img としてください。ただし、ブートローダーの設定も一緒に変更するのであればファイルの名前は好きにつけることができます。

追加フラグ

--hostonly フラグはローカルホスト環境を起動するのに必要なファイルのみ含んだイメージを生成します。フラグを付けない場合はより多くのファイルを含む汎用イメージが生成されます。このフラグを使うことで生成イメージの容量を減らすことができますが、他のコンピュータでイメージを使用したり別のルートファイルシステムに切り替えることができなくなります。その場合は新しいイメージの生成が必要です。

--force フラグはイメージファイルが既に存在する場合に上書きします。

dracut(8) には他のフラグの説明が載っています。

設定

常に特定のフラグを使って dracut を実行したい場合、/etc/dracut.conf.d/.conf ファイルとして設定を保存できます。例:

/etc/dracut.conf.d/myflags.conf
hostonly="yes"
compress="lz4"
add_drivers+=" i915 "
omit_dracutmodules+=" network iscsi "

設定オプションについては dracut.conf(5) を参照してください。各オプションの詳しい説明は dracut(8) に存在します。

ヒントとテクニック

生成されたイメージの情報を表示

生成された initramfs イメージの情報をページャを使って表示するには:

$ lsinitrd <path to initramfs image> | less

上記のコマンドはイメージ生成時に dracut に指定された引数や dracut モジュールのリスト、含まれているファイルのリストを表示します。

圧縮プログラムの変更

使用する圧縮プログラムを変更して、生成イメージの圧縮時間を減らすことができます。

警告: カーネルで使用する圧縮方法のサポートがコンパイル時に組み込まれているかどうか確認してください (組み込まれていない場合、起動できなくなります)。また、圧縮プログラムのパッケージをインストールする必要があります。Arch リポジトリで提供しているカーネルでは zstd 圧縮をサポートしていないので注意してください。

以下の行のどれかを dracut の設定に追加してください (2つ以上追加してはいけません):

compress="gzip"
compress="bzip2"
compress="lzma"
compress="xz"
compress="lzo"
compress="lz4"

gzip がデフォルトで使用される圧縮プログラムです。

公式でサポートされていない圧縮プログラムを使うこともできます:

compress="<program>"

カーネルのアップグレード時に新しい initramfs を生成

カーネルのアップグレードがあるたびに自動的に initramfs イメージを新しく生成することができます。以下はデフォルトの linux カーネルを前提にしていますが、他のカーネルでも同じようにフックを追加できます。

カーネルのバージョンを確認するコマンドはやや複雑なので、pacman フックの中で単独で使うことはできません。したがってシステムのどこかにスクリプトを作成してください。例えば、以下のように ~/.local/bin に作成します:

~/.local/bin/90-dracut-linux.script
#!/bin/bash

args=('-H' '--no-hostonly-cmdline')

while read -r line; do
    if [[ $line = usr/lib/modules/+([^/])/pkgbase ]]; then
        mapfile -O ${#pkgbase[@]} -t pkgbase < "/$line"
        kver=${line#"usr/lib/modules/"}
        kver=${kver%"/pkgbase"}
    fi
done

dracut "${args[@]}" -f /boot/initramfs-"${pkgbase[@]}".img --kver "${kver[@]}"
dracut -f /boot/initramfs-"${pkgbase[@]}"-fallback.img --kver "${kver[@]}"

スクリプトは chmod a+x ~/.local/bin/90-dracut-linux.script で実行可能権限を与えてください。フラグを追加したり削除したい場合、dracut の設定に追加してください。

次に pacman フックを作成します:

/etc/pacman.d/hooks/90-dracut-linux.hook
[Trigger]
Type = File
Operation = Install
Operation = Upgrade
Target = usr/lib/modules/*/pkgbase

[Action]
Description = Updating linux initcpios (with dracut!)...
When = PostTransaction
Exec = /home/username/.local/bin/90-dracut-linux.script
NeedsTargets

username はあなたのユーザー名に置き換えてください。

mkinitcpio を削除するか以下のコマンドを実行することでmkinitcpio が initramfs イメージを生成するのを止めることができます:

# ln -sf /dev/null /etc/pacman.d/hooks/90-mkinitcpio-install.hook

また、カーネルのアップグレード時に毎回新しい vmlinuz カーネルを /usr/lib/modules/[kver]/vmlinuz から /boot/vmlinuz-linux にコピーする必要があります。linux パッケージではなく 90-mkinitcpio-install.hook によってコピーが行われているためです。arch-general メーリングリスト より:

カーネルはもはや自分自身を /boot にインストールしません。代わりに、mkinitcpio フックがインストールを実行します。それによって、以前と同じ挙動を少しだけ柔軟な形で再現しています。
現在は dracut フックで同じような仕事をこなせるように作業していますが、今後は起動をより柔軟にして、ユーザーにより多くの選択肢が与えられるようにする予定です。Arch のアナウンスメーリングリストやウェブサイトのニュースから目を離さないでください。

参照