Dunst

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Dunst はデスクトップ環境に同梱されている通知デーモンを置き換える軽量な代替デーモンです。

インストール

dunst パッケージをインストールしてください。dunst を起動・有効化する必要はありません。プログラムが dbus で通知を送信したときに systemd によって呼び出されます。

サンプル設定ファイルは /usr/share/dunst/dunstrc に存在します。

ファイルを ~/.config/dunst/dunstrc にコピーして適宜編集してください:

$ cp /usr/share/dunst/dunstrc ~/.config/dunst/dunstrc

設定

外観

Dunst では HTML を使って通知を表示できます。太字・斜体・取り消し線・下線のサンプルが存在します。詳しくは [1] を参照してください。markupno に設定することで、通知から HTML を取り除くこともできます。

また、通知のフォーマットを指定できます。使用できるオプションは以下の通り:

%a  アプリ名
%s  概要
%b  本文
%i  アイコン名 (パスを含む)
%I  アイコン名 (パスは含まない)
%p  進捗率 ([  0%] から [100%])

上記のオプションは HTML と組み合わせて使うことができます。例えば format<b>%s</b>\n%b と設定することで、太字の概要に、改行の後に本文を表示します。

アイコンセット

アイコンは icon_folders オプションで設定できます。ステータスとデバイスアイコンは必須です。

# Paths to default icons.
icon_folders = /usr/share/icons/Arc/status/16/:/usr/share/icons/Arc/devices/16/

ショートカット

ユーザーが何も操作しない状態で通知が画面に表示され続ける待機時間を設定できます。

タイムアウトする前に通知を閉じるには Control + space を使います。また、Control + Shift + Space で画面上の全ての通知を閉じることができます。

ヒント: 通知を閉じたり再表示するコマンドは変更できます。アルファベット以外の記号は単語で指定する必要があります。例: period。

履歴リストは Control + grave でアクセスできます。コンテキストメニューは Control + Shift + period で開くことができます。コンテキストメニューは dmenu を使って URL をフィルタリングして URL で開きます。デフォルトのブラウザは以下のように設定できます:

browser = /usr/bin/chromium 

ヒントとテクニック

スクリプト

Dunst を設定することで特定の通知が表示されたときにスクリプトを実行することができます。以下は Pidgin から誰かがサインオンしたという通知がきたときにスクリプトを実行する例です:

[signed_on]
   appname = Pidgin
   summary = "*signed on*"
   urgency = low
   script = do_something.sh