dvdbackup

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

DVD ビデオをバックアップする方法は複数存在します。DVD リッピングを見てください。ほとんどの方法は動作が遅く、バックアップするのに複数のステップが必要になります。dvdbackup は (dvdauthor の力を借りることで) よりシンプルな方法を提供します。dvdbackup プログラムは動画の分離・多重化・変換・フォーマットを行わないためスッキリしています。バックアップをワンステップで行うことが可能です。

インストール

dvdbackup パッケージをインストールしてください。

特定のタイトルやタイトルセットをバックアップする場合には dvdauthor のインストールが必要です。

DVD の確認

まずは、どのタイトルをバックアップするのか確認してください。以下のコマンドで DVD に関する情報を取得できます:

$ dvdbackup -i /dev/dvd -I

あまり役に立たない情報が出力された後、dvdbackup は以下のような情報を表示するはずです:

$ dvdbackup -i /dev/sr0 -I
Burning straight to
[...]

Main feature:
	Title set containing the main feature is  1
	The aspect ratio of the main feature is 16:9
	The main feature has 1 angle(s)
	The main feature has 1 audio_track(s)
	The main feature has 2 subpicture channel(s)
	The main feature has a maximum of 28 chapter(s) in on of it's titles
	The main feature has a maximum of 6 audio channel(s) in on of it's titles

上記の出力でメインタイトルがタイトルセット1にあることがわかります。次にタイトルセットのリストが表示されます:

$ dvdbackup -i /dev/sr0 -I
[...]

Title Sets:

	Title set 1
		The aspect ratio of title set 1 is 16:9
		Title set 1 has 1 angle(s)
		Title set 1 has 1 audio_track(s)
		Title set 1 has 2 subpicture channel(s)

		Titles included in title set 1 is/are
			Title 1:
				Title 1 has 28 chapter(s)
				Title 1 has 6 audio channle(s)

上記の例ではメインタイトルはタイトル1です。タイトルセットには複数のタイトルが含まれていることがあります。メニューがタイトルセットに含まれていることもありますが、DVD 全体をバックアップしないとメニューは使えません。

DVD のリッピング

ヒント: dvdbackup は DVD の名前を読み込んで作業ディレクトリを作成します。dvdbackup によって DVD の名前が普遍的すぎると判断された場合 (例えば "MOVIE" など)、ユーザーが名前を指定する必要があります。そうしないと実行できません。-n movie_name を使って指定してください。
ノート: ERR: no video format specified for VMGM のようなエラーが表示されたときはビデオフォーマットの変数を設定してください。~/.bashrcexport VIDEO_FORMAT=NTSC (NTSC リージョンの場合) を追加することで簡単に設定できます。

シングルタイトル

-t オプションを使うことで抽出するタイトルを指定することができます:

$ dvdbackup -i /dev/dvd -o ~ -t 1

ハードドライブ (~/movie_name/VIDEO_TS) に多数の VOB ファイルが作成されます。作成されたファイルは MPlayerVLC で再生できますが、DVD のコピーを作成するには不十分です。コピーを作るときは dvdauthor が役に立ちます。

次にタイトルセットを作成してください (例: VTS_01_0.IFOVTS_01_0.BUP)。以下のコマンドで動画全体のコピーが作成されます。実行後、元のファイルは削除してかまいません。

$ mkdir ~/dvd
$ cd ~/movie_name/VIDEO_TS
$ dvdauthor -t -o ~/dvd *.VOB

dvdauthor が動画のコピーを作成します。"SCR moves backwards, remultiplex input" のような出力がされた場合、何か問題が発生しているかもしれません。ファイルを削除する前に、元の VOB ファイルのファイルサイズとコピーされたファイルのサイズを比較してください。ほぼ同じサイズになっていれば、おそらく大丈夫です。MPlayer を使って問題の VOB ファイルをテストして、何か欠けているところがないか確認できます。

それから目次ファイルを作成します (例: VIDEO_TS.IFOVIDEO_TS.BUP)。ほとんど時間はかからず、ハードドライブの容量を消費することもありません:

$ cd ~/dvd/VIDEO_TS
$ dvdauthor -o ~/dvd -T

メインタイトル

-F オプションはメインタイトルを自動的に検出して (いつも正しいわけではありませんが)、タイトルセット全体をコピーします:

$ dvdbackup -i /dev/dvd -o ~ -F

それから、目次ファイルを作成してください (例: VIDEO_TS.IFOVIDEO_TS.BUP):

$ cd ~/movie_name/VIDEO_TS
$ dvdauthor -o ~/movie_name -T

DVD 全体

-M オプションはメニューや特殊な機能などを含む、DVD の構造全体をバックアップします。大抵の DVD では約 7 GB のディスク容量が必要です:

$ dvdbackup -i /dev/dvd -o ~ -M

DVD の縮小

動画を1層の 4.7 GB の DVD に収める必要がある場合、vamps を使うことで容量を小さく縮小できます。まずメインタイトルをリッピングしてひとつのファイルにまとめます:

$ dvdbackup -t 1 
$ cat ./movie/VIDEO_TS/*.VOB > ./movie.vob

vamps に指定する収縮率を計算します。vob ファイルのサイズを書き込みメディアのサイズで割って、繰り上げてください:

$ du -BMB movie.vob
$ echo '5376 / 4707' | bc -l  #If your vob is 5376 MB

vamps を実行します。-a で音声ストリームを選択します。ストリームを選択する前に ffprobe movie.vob を実行することで確認できます。

$ vamps -E 1.15 -a 1 < movie.vob > movie.dvd5.vob

dvd をオーサリング:

$ dvdauthor -t -o ./author movie.dvd5.vob
$ dvdauthor -T -o ./author

ディスクに書き込む

光学ディスクドライブを見てください。

ISO の作成

ISO ファイルを作成することの利点は、あらかじめ MPlayer で問題がないかテストできることです。ISO の欠点はドライブ容量を消費することです。シングルタイトルを抽出した場合:

$ mkisofs -dvd-video -udf -o ~/dvd.iso ~/dvd

もしくは DVD 全体を抽出した場合、以下を実行:

$ mkisofs -dvd-video -udf -o ~/dvd.iso ~/movie_name

MPlayer でイメージをテストするには、次を実行:

$ mplayer dvd:// -dvd-device ~/dvd.iso

問題がないようでしたら、イメージを書き込んでください:

$ growisofs -Z /dev/dvd=~/dvd.iso
ヒント: growisofsdvd+rw-tools パッケージに含まれています。

DVD に直接書き込む

腕に自信があって、イメージの作成・テストは時間とハードドライブ容量の浪費だと断言できる場合、上記の mkisofs と growisofs コマンドを合体できます。シングルタイトルを抽出した場合:

$ growisofs -dvd-video -udf -Z /dev/dvd ~/dvd

もしくは DVD 全体を抽出した場合:

$ growisofs -dvd-video -udf -Z /dev/dvd ~/movie_name