Dvorak

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

キーマップを qwerty 配列から dvorak 配列に設定・変換する方法を説明します。

dvorak 配列の設定

設定方法の詳細はコンソールでのキーボード設定Xorg でのキーボード設定を参照してください。

コンソールと Xorg のどちらでも、以下の配列を利用することができます:

  • dvorak: 標準的な dvorak 配列
  • dvorak-l: 左利き用の dvorak 配列
  • dvorak-r: 右利き用の dvorak 配列
ノート: コンソールの場合、上記はスタンドアロンのキーマップですが、Xorg では us レイアウトのバリアントになるため、XkbVariant 変数で指定する必要があります。詳しくは Xorg でのキーボード設定#キーボードレイアウトの設定を見てください。

以下のバリアントは Xorg でしか利用できません:

  • dvorak-intl: デッドキーが存在する国際的な配列

外国ユーザーの設定

スウェーデン語

dvorak 配列にはスウェーデン版の svorak というものが存在します。詳しくは aoeu.info を参照。X で svorak を使うのに特別なファイルをダウンロードする必要はありません。

スペイン語

コンソールで、スペイン語の dvorak 配列を使うには dvorak の代わりに dvorak-es を指定してください。

Xorg では、XkbLayoutes を、XkbVariantdvorak を指定してください。

タイピングソフト

コンソール
GUI
  • kdeedu-ktouch[リンク切れ: 置換パッケージ: ktouch] (英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語で Dvorak を練習できます)
  • klavaro Dvorak の練習: (BG; BR; DE_neo2; EO; FR; FR_bépo; TR; UK; US; US_BR; US_ES; US_SE)