EPSXe プレイステーションエミュレータ

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ePSXe (enhanced PSX emulator) は Microsoft Windows や Linux が搭載された x86 ベースの PC ハードウェア、あるいは Android で動作する PlayStation エミュレータです。3人の開発者 (Calb, _Demo_, Galtor) によって作られました。ePSXe はプラグインを開発するためのアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) 以外はクローズドソースとなっています。

インストール

警告: ePSXe エミュレータをインストール・使用するには Sony PlayStation の BIOS ファイルが必要です。Sony PlayStation, Sony PSOne, Sony PlayStation 2 コンソールを所有していない場合、BIOS ファイルを使って PSX エミュレータでゲームを遊ぶことはできません。実機を持っていないのに BIOS イメージを所有することは著作権法違反です。この記事は違法行為を推奨するものではありません。

epsxeAUR パッケージと プラグインインストールしてください。また、合法的に入手した BIOS ファイルを用意してください。

games グループにユーザーを追加してください:

# usermod -G games -a USERNAME

グループが存在しない場合、先に作成してください:

# groupadd games

メニューショートカットから epsxe を起動するかターミナルに 'epsxe' と入力して起動します。

設定

Config > VideoConfig > Sound からビデオとサウンドを設定して、使用したいプラグインを設定してください。各ウィンドウの Test ボタンをクリックすることで動作するか確認できます。

CD-ROM のパスはデフォルトで設定されます。Config > Cdrom から確認できます。

プレイヤーのコントローラの設定は Config > Game Pad > Port 1 > Pad 1 から行って下さい。

プレイ

CD-ROM からゲームを起動するには File > Run CDROM をクリックしてください。

ISO からゲームをロードするには File > Run ISO をクリックしてください。

Run > Save State (F1)Run > Load State (F3) あるいは F1 と F3 ホットキーを使うことでゲームの状態を操作できます。

トラブルシューティング

xgl2 プラグインが機能しない

32ビットの chroot から起動している場合、nvidia-utils をインストールする必要があります。

サウンドデバイスが認識されない

ALSA を使用していてサウンドプラグインが機能しない場合、以下のコマンドを実行してください:

# modprobe snd-pcm-oss

参照