Evince

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Evince は様々な文章形式に対応しているドキュメントビューアです。Evince が特にサポートしているのは次のフォーマットです: PDF, Postscript, djvu, tiff, dvi, XPS, gedit による SyncTex のサポート, 漫画本 (cbr,cbz,cb7, cbt)。サポートされているファイル形式の完全なリストは Supported Document Formats を見てください。

Evince はバックエンドライブラリとして poppler を使用します。

インストール

evince パッケージをインストールしてください。開発版は evince-gitAUR でインストールできます。Evince は依存パッケージとして gnome-desktop をインストールします。

スタンドアロン版は evince-no-gnomeAUR を、PDF しかサポートしていない軽量版は evince-lightAUR をインストールしてください。

トラブルシューティング

プリンターが表示されない

gtk3 パッケージをバージョン 3.22.26+47+g3a1a7135a2-1 以上にアップグレードしてください。旧バージョンの GTK+ 3 では、GTK+ のプリンターバックエンドは別のパッケージに分けられていました [1]

ズームインの上限

Evince のページキャッシュのサイズを増やすことでズームできるサイズを大きくできます。デフォルトでは 50MiB に設定されています。ページキャッシュサイズを増やすとズームイン時に Evince のメモリ使用量が増えるので注意してください。

以下のコマンドでページキャッシュサイズを1ギガバイトまで増加できます:

$ gsettings set org.gnome.Evince page-cache-size 'uint32 1000'

PDF のテキストが正しく表示されない

override-restrictions パラメータを false に設定してみてください:

$ gsettings set org.gnome.Evince override-restrictions false

SyncTeX で前方検索ができない

python-dbus がインストールされていることを確認してください。パッケージをインストールすれば ctrl+click が使えるようになるはずです。

参照