Exaile

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Exaile は Python と GTK+ で書かれた音楽マネージャ・プレイヤーです。アルバムアートの自動取得、歌詞の取得、Last.fm の Scrobble、ポータブルメディアプレイヤーのサポート、shoutcast などのインターネットラジオ、タブ式プレイリストなどの機能があります。

インストール

AUR から exaileAURインストールしてください。

ALSA を使っていて alsasink を使いたい場合は、公式リポジトリから gstreamer0.10-base-pluginsAURインストールしてください。インストールした後に音が聞こえない場合や、複数の音源を同時に再生しようとすると音が聞こえない場合はこれで解決することがあります。

カバーアート、歌詞、タブ譜を有効にする

カバーアートや歌詞、タブ譜、Exaile の wiki 機能などを有効にするには gnome-python-extras[リンク切れ: パッケージが存在しません]libgtkhtmlAUR が必要です。

オーディオ CD を再生

Exaile でオーディオ CD を再生するには python-cddb が必要です。必要なパッケージは cddb-py になります。

DE/WM と関係なくマルチメディアキーを有効にする

まず xev を実行して Previous, Next, Play, Stop, Mute キーのキーコードを取得してください。そしてテキストファイルを作成して次の形式でキーを記述します: keycode 173 = XF86AudioPrev。keycode (173) は Previous キーのキーコードに置き換えてください。他のキーも同じようにして 'Prev' を 'Next', 'Play', 'Stop', 'Mute' などとして設定します。

その後 ~/.xinitrc を編集して DE/WM の 'exec' コマンドの前に xmodmap <file name> を追加してください。<file name> は作成したテキストファイルのパスに置き換えてください。

最後に、Exaile の Edit > Preferences > Plugins から XKeys プラグインを有効にしてください。再起動すると、マルチメディアキーが動作するようになっているはずです。

トラブルシューティング

プログレスバーが 0:00 で止まってしまう

まず、使用しているサウンドアーキテクチャに問題がないことを確認してください (ALSA, OSS など)。そして Exaile で playback sink を正しく設定します。最初は自動設定を使ってみてください。

MP3 ファイルを聞こうとしている場合、他の形式でエンコードされた音声ファイルを再生してみてください (.ogg や .flac など)。それで問題が起こらなかった場合は gstreamer0.10-ugly-pluginsAUR をインストールしてください。

"Playback error encountered! Configured audiosink bin0 is not working"

"Configured audiosink bin1 is not working" ('bin' の後ろの数字は変わります) のようなメッセージが表示される場合、Flash によって Exaile から ALSA が使えなくなっています。以下を実行することで解決します:

killall npviewer.bin

YouTube の動画の再生が終わったときなど、特定の場合ではたとえ 'npviewer.bin' プロセスが動作していなくても Flash によって ALSA の使用がブロックされることがあります。その場合、ページを更新することで問題は解決するはずです。

"Last.fm Loved Tracks" プラグインが動作しない

Exaile をコンソールから起動したときに、コマンドラインに以下の警告が表示される場合:

WARNING : Error while connecting to Last.fm network: 'module' object has no attribute 'LastFMNetwork'

python2-pylast パッケージをインストールする必要があります。

既知の問題

SMB 共有からの再生

Unfortunately, Exaile does not support smb protocol.