F2FS

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

F2FS (Flash-Friendly File System) は NAND フラッシュメモリに最適化されたファイルシステムです。F2FS はカーネル 3.8 からサポートされています。

F2FS パーティションの作成

F2FS パーティションを作成するには、公式リポジトリから f2fs-tools パッケージをインストールする必要があります。

パーティションの作成:

# mkfs.f2fs /dev/sdxY

/dev/sdxY の部分は F2FS のフォーマット対象ボリュームです。

F2FS パーティションのマウント

マウントする前に F2FS カーネルモジュールをロードする必要があるかもしれません。root で次を実行してください:

# modprobe f2fs

これでパーティションをマウントすることができます:

# mount -t f2fs /dev/sdxY /mnt

F2FSファイルシステムの拡大

ファイルシステムをアンマウント時には、パーティションを拡張すると、ファイルシステムを拡大することができます。縮小は現在サポートされていません

まず、パーティショニングツール を使用してパーティションのサイズを変更します。たとえば、parted を実行して、print コマンドを実行した時の出力が次のようになっているとします。

   Number  Start   End     Size        File system     Name                  Flag
    1      1049kB  106MB   105MB       fat32           EFI system partition  boot, esp
    2      106MB   11,0GB  10,9GB      ext4
    3      11,0GB  12,3GB  1322MB      f2fs
    4      31,0GB  31,3GB  261MB       ext4

f2fs パーティションのサイズを変更して4番目のスペースまでの全スペースを使用するには、resizepart 3 31GBexit を実行します。次に以下のようにして、ファイルシステムを拡張して新しいパーティションを埋めることができます。

# resize.f2fs /dev/sdxY

ここで、/dev/sdxY は変更対象のF2FSボリュームになります。サポートされているオプションについては resize.f2fs(8) を参照してください。

ノート: GPTを使用している場合、パーティションのGUID( /dev/disk/by-partuuid/ )は変更される可能性がありますが、ファイルシステムのUUID( /dev/disk/by-uuid/ )は変更されません。

チェックと修復

f2fs パーティションのチェックと修復は f2fs-tools に含まれている fsck.f2fs で行うことができます。詳しくは man ページを見てください。

トラブルシューティング

GRUBで /boot パーティションにF2FSを使用する

F2FSファイルシステムのサポートは、まだリリースされていない GRUB バージョン2.03に追加されました。 現時点では、ブートローダを互換性のあるファイルシステムでフォーマットされた別の /boot パーティションにインストールする必要があります。 GRUB#F2FSと他のサポートされていないファイルシステムを見てください