fdm

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

fdm (fetch and deliver mail) はメールを取得・フィルタリングするシンプルなプログラムです。同じ用途で使われる他のプログラムと比べて、Mutt と同じような設計思想で作られています。

インストール

fdm パッケージをインストールしてください。

設定

fdm は今まで使われてきた mbox フォーマットと、比較的新しい maildir フォーマットをサポートしています。

mbox

Alpine は mbox フォーマットを使用するため、複数のファイルを作成する必要があります:

$ cd
$ mkdir mail
$ touch mail/INBOX .fdm.conf 
$ chmod 600 .fdm.conf mail/INBOX

maildir

Mutt は大文字のメールディレクトリを使用し、maildir フォーマットを使うことができます。Mutt を使う場合は以下のようにセットアップしてください:

$ cd
$ touch .fdm.conf; chmod 600 .fdm.conf
$ mkdir -p Mail/INBOX/{new,cur,tmp}

最終設定

.fdm.conf を編集して、メールアカウントと基本的なフィルタールールを追加してください。mbox か maildir のどちらかを使います。

## .fdm.conf
## Accounts and rules for:
#> foo@example.com
#> bar@gmail.com
## Last edit 21-Dec-09

# Catch-all action (mbox):
action "inbox" mbox "%h/mail/INBOX"
# Catch-all action (maildir):
# action "inbox" maildir "%h/Mail/INBOX"

account "foo" imaps server "imap.example.com"
	user "foo@example.com" pass "supersecret"

account "bar" imaps server "imap.gmail.com"
        user "bar@gmail.com" pass "evenmoresecret"

# Match all mail and deliver using the 'inbox' action.
match all action "inbox"

上記の設定で、設定したアカウントからメールが INBOX フォルダに集配されます。他のタイプのメールサーバー (例: POP3) に接続する方法は fdm(1) の man ページを参照してください。

ヒント: .netrc ファイルでログイン名とパスワードを指定することもできます。

テスト

設定が上手くいったら、fdm を手動で実行してメールを取得してみてください:

$ fdm -kv fetch

エラーがあった場合、サーバー上のメールには手を付けられません。出力を確認して設定通りに動作することをチェックしてください。お好きなメールリーダー (MUA) を開いて集配されたメールが読めることを確認しましょう。

高度な使用方法

fdm のユーザビリティを向上させる補助機能。

フィルタリングの追加

特定のアカウントからのメールを特定のメールボックスに保存したい場合、以下の行を fdm.conf ファイルに追加します。上記の設定ファイルなら、bar@gmail.com のメールを bar-mail フォルダに振り分けたい場合、既存の "action" 行の下に以下を追加してください:

action bar-deliver mbox "%h/mail/bar-mail"

必要に応じて mboxmaildir に変更したり、パスを確かめて下さい。

新しいアクションを有効にするために、既存の "match" 行の前に追加を追加:

match account bar action bar-deliver

これで bar@gmail.com 宛の全てのメールが bar-mail メールフォルダに行くようになります。

cron による自動化

cron ジョブを設定することで定期的にメールをチェックすることができます:

$ crontab -e
*/15 * * * * fdm fetch >> $HOME/[Mm]ail/fdm.log

参照