Gitea

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Gitea は Go で書かれた軽量なコードホスティングサーバーである Gogs のコミュニティによるフォークです。MIT ライセンスで配布されています。

インストール

giteaAURgitea-gitAUR パッケージをインストールしてください。

Gitea はデータベースバックエンドを必要とします。以下のデータベースがサポートされています:

実行

ノート: 全てのインターフェイスで Gitea を使えるようにするには、/var/lib/gitea/custom/conf/app.iniHTTP_ADDR = 0.0.0.0 を設定してください。

gitea.service起動有効化してください。http://localhost:3000 からウェブインターフェイスを開けます。

始めて Gitea を起動したときは http://localhost:3000/install にリダイレクトされます。

設定

ノート: gitea-gitAUR では最初のインストール時に基本的な設定ファイルが /var/lib/gitea/custom/conf/app.ini に用意されます。

ユーザーの設定ファイルは /etc/gitea/app.ini です。メインの設定ファイル (/var/lib/gitea/conf/app.ini) は編集してください。バイナリに含まれており、アップデートで上書きされる可能性があるためです。代わりに /var/lib/gitea/conf/app.ini/etc/gitea/app.ini にコピーして使ってください。

Gitea アプリケーションとリポジトリデータは /var/lib/gitea に保存されますが、/etc/gitea/app.ini で別のディレクトリを指定することもできます。

MariaDB/MySQL

ノート: listen アドレスとして /var/run/mysqld/mysqld.sock を使用することで MySQL のソケットを利用することができます。

MariaDB は以下のように設定してください:

$ mysql -u root -p
mysql> CREATE DATABASE `gitea` DEFAULT CHARACTER SET `utf8mb4` COLLATE `utf8mb4_general_ci`;
mysql> CREATE USER `gitea`@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `gitea`.* TO `gitea`@`localhost`;
mysql> \q

新しいユーザーで新しいデータベースへの接続を試行してみてください:

$ mysql -u gitea -p -D gitea

最初の起動時や app.ini を編集して MariaDB を設定します:

/etc/gitea/app.ini
DB_TYPE  = mysql
HOST     = 127.0.0.1:3306 ; or /var/run/mysqld/mysqld.sock
NAME     = gitea
USER     = gitea
PASSWD   = password

SSH サポートの有効化

ノート:
警告: SSH で全ての設定をするまではセッションを閉じてはいけません。ロックアウトされてしまいます。
  • SSH が正しく設定されていることを確認。
  • /home/gitea をホームディレクトリとして gitea グループユーザーを作成:
# groupadd --system gitea
# useradd --system -c 'Gitea' -g gitea -m -d /home/gitea -s /bin/bash gitea
  • パーミッションを適切に設定:
# chown -R gitea:gitea /var/log/gitea
# chown -R gitea:gitea /var/lib/gitea
  • app.iniSSH 設定を更新:
/etc/gitea/app.ini
[server]
; Disable SSH feature when not available
DISABLE_SSH = false
; Domain name to be exposed in clone URL
SSH_DOMAIN = %(DOMAIN)s
; Port number to be exposed in clone URL
SSH_PORT = 22
; Root path of SSH directory, default is '~/.ssh', but you have to use '/home/git/.ssh'.
SSH_ROOT_PATH = /home/gitea/.ssh
  • SSHAuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keysAllowUsers gitea の設定を更新:
/etc/ssh/sshd_config
Port 22
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
UseDNS no
PermitUserEnvironment yes
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
PermitEmptyPasswords no
AllowUsers archie gitea
PubkeyAuthentication yes
PrintMotd no
Subsystem sftp /usr/lib/ssh/sftp-server
  • SSH のパーミッションを正しく設定。
  • gitea.servicesshd.service再起動
  • クライアントで SSH 鍵のペアを生成。
  • 生成した ~/.ssh/id_rsa.pub の中身を Gitea ウェブインターフェイスの Your Settings, SSH KeysAdd Keyに追加。

これで SSH 認証を使ってリポジトリを管理できるようになり、ユーザー名とパスワードの入力が不要となります。

HTTP プロトコルの無効化

Gitea ではデフォルトで HTTP プロトコルを使ってリポジトリを操作できるようになっています。DISABLE_HTTP_GITtrue に設定することでサポートを無効化できます。

高度な設定

他の設定例は Gogs の FAQ を見てください。

nginx をリバースプロキシとして設定

ヒント: Let’s Encrypt はフリーの自動オープン認証局です。コマンドラインから SSL 証明書を要求して自動で設定できるプラグインが存在します。

nginx をリバースプロキシとして OpenSSL を使用する例:

/etc/nginx/servers-available/git
# redirect to ssl
server {
  listen 80;
  listen [::]:80;
  server_name git.domain.tld;
  return 301 https://$server_name$request_uri;
}

server {
  listen 443 ssl http2;
  listen [::]:443 ssl http2;
  server_name git.domain.tld;
  client_max_body_size 50M;
  ssl_certificate ssl/cert.crt;
  ssl_certificate_key ssl/cert.key;

  location / {
    proxy_pass http://localhost:3000;
    proxy_set_header Host $host;
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
  }
}

app.iniserver セクションを更新してください:

/var/lib/gitea/custom/conf/app.ini
[server]
PROTOCOL               = http
DOMAIN                 = git.domain.tld
ROOT_URL               = https://git.domain.tld/
HTTP_ADDR              = 0.0.0.0
HTTP_PORT              = 3000
ノート: app.ini で SSL 証明書のオプションを有効にする必要はありません。

最後に cookie セクションを更新して COOKIE_SECURE を true に設定してください。

参照