Grafana

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

Grafana はオープンソースの汎用ダッシュボード・グラフコンポーザーで、ウェブアプリケーションとして動作します。バックエンドとして graphite, InfluxDB, opentsdb をサポートしています。

インストール

grafana パッケージをインストールしてください。

インストールしたら grafana サービスを起動有効化してからローカルホストのアプリケーションにアクセスしてください。例: http://127.0.0.1:3000 。ウェブフロントエンドにアクセスするときのデフォルトのユーザー名は admin でパスワードは admin です。

使用例

Influxdb のインストール

よく使われるバックエンドは InfluxDB です。インストールして influxdb サービスを起動有効化してください。ウェブインターフェイスは http://localhost:8083/ から利用できます。

データの収集

Grafana と InfluxDB を組み合わせてスケーラブルなサーバーを監視する場合、collectd や statsd などのソフトウェアを選択します。大抵の観測データなら InfluxDB に収集して Grafana で表示できます。InfluxDB を複数のプログラミング言語で使用するためのモジュールやライブラリが存在し、curl プログラムを使って http の post コマンドを実行することでデータを保存できます。

example という名前のデータベースを作成:

$ curl -G http://localhost:8086/query --data-urlencode "q=CREATE DATABASE example"

example データベースにデータを送信:

$ curl -i -XPOST 'http://localhost:8086/write?db=example' --data-binary 'cpu_load_short,host=server01,region=us-west value=0.64 1434055562000000000'

Grafana のダッシュボードの作成

  • ダッシュボードを作成する前に、データソースを追加する必要があります。左のメニューにある Data sources をクリックしてから Add new をクリックしてください。
  • influxdb などと名前を付けてタイプは InfluxDB 0.9 に設定してください。この例では、Http 設定の url は http://localhost:8086 とします。ここで設定するポートはウェブインターフェイスのポートではないので注意してください。データベースの名前は先に作成した名前に合わせてください (例: example)。変更していない場合、デフォルトのユーザー名とパスワードは root です。
  • Test connection をクリックすると設定に問題ないか確認できます。Save を押してください。
  • 次に、フロントページに戻って、左上の Home をクリックしてから New をクリックしてください。
  • 新しいダッシュボードを追加するために左側の小さな緑のボックスにマウスを移動してクリックして Add panel から Graph を選択してください。
  • 新しいグラフのタイトルをクリックして Edit を選択してください。
  • グラフ設定の Metrics では右下のデータソースで influxdb を選んでください。
  • 収集したデータを選択してクエリを作成してください。FROM のとなりに存在する select measurement をクリックします。ドロップダウンメニューにデータベースのテーブルのリストが表示されます (例: localhost)。何も表示されない場合、InfluxDB に接続できていないか、まだデータが何も収集されていません。
  • 太字の SELECT というテキストのところにある value をクリックして観測データを選択してください (例: uptime)。
  • 変更を保存するには、Back to dashboard をクリックしてから、フロッピーディスクのアイコンを押してください。

参照