HP ZBook Studio G3

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

HP Zbook Studio G3 はワークステーションを置き換えるノートパソコンです。

現況

現在 HP Zbook Studio G3 を Arch で使うのは難しい状態です。よくわからない理由でときどき動作しなくなることがあります。挑戦してみたいと思っているわけではないのであればこのノートパソコンを購入することは現時点では推奨しません。

インストール

インストールは特に問題ありませんが、注意が必要なところが少しだけ存在します。一般的なインストールの手順についてはインストールガイドを見てください。

ハイブリッドグラフィックを使う

カーネルの問題が原因で、nouveau や bbswitch を使用するとフリーズが発生します。問題を避けるために、カーネルコマンドラインに acpi_osi=! acpi_osi="Windows 2009" を追加してください (source, Kernel bug 156341)。

ハイブリッドグラフィックの無効化

バッテリーの減りが早くなってもよくデフォルトで NVIDIA のグラフィックカードを使いたいという場合、ファームウェアの設定でハイブリッドグラフィックを変更できます。

(起動時に Escape を押すことで起動できる) BIOS の設定で、グラフィックモードを Auto/Hybrid から discrete に変更してください。

インストール時のフォントサイズ

マシンのディスプレイの解像度が高いため、インストール時にはターミナルのフォントを変更したほうが良いでしょう:

# setfont sun12x22

Windows とのデュアルブート

HP Zbook Studio G3 には Windows 7 がプリインストールされています。ノートパソコンは UEFI モードで起動しますが、Windows のブートローダーはハードドライブの MBR に存在するようです (EFI システムパーティションは存在しません)。Windows 環境を残したい場合、MBR ブートローダーで Arch をインストールしてください。

設定

X サーバー

nvidia ドライバーをインストールしてください。discrete グラフィックモードでシステムを使用する場合、X を実行するには root で nvidia-xconfig を実行する必要があります。

HiDPI の設定

GNOME や KDE などのデスクトップ環境を使用する場合、管理ツールが存在するはずです。i3 などのパワーユーザー向けのウィンドウマネージャを使用する場合、.xinitrc ファイルに以下のような行を追加してください:

~/.xinitrc
xrdb -merge ~/.Xresources
xrandr --output eDP-1 --dpi 220
exec i3