Heirloom

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Heirloom プロジェクト は古典期な UNIX のツールやユーティリティを近代的なオープンソースのオペレーティングシステムでも使えるようにするプロジェクトです。

パッケージに含まれているユーティリティは /usr/heirloom/bin//usr/heirloom/lib/ にインストールされます。一部の POSIX ユーティリティは /usr/heirloom/bin/posix/ にインストールされます。

名前 パッケージ ノート
Toolchest heirloom-cvsAUR GNU coreutils, diffutils, tar, more に対応する古典的な UNIX バイナリ。
Bourne shell heirloom-shAUR, heirloom-sh-cvsAUR
Development tools heirloom-devtools-cvsAUR yacc, lex, m4, make, sccs などのツール。このパッケージに入っている Bourne シェルは他の Heirloom パッケージの基盤となります。古典的な devtools を使うことで GNU ツールに合わせて変更を加えなくても元のプログラムを動かすことができます。
Documentation tools heirloom-doctoolsAUR, heirloom-doctools-cvsAUR, heirloom-doctools-gitAUR groff の代替。
mailx heirloom-mailx-cvsAUR
Packaging tools heirloom-pkgtools-cvsAUR OpenSolaris でオープンソースとしてリリースされた Sun SVR4 のパッケージ管理システムの移植。