I2P

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

I2P のホームページより:

I2P は個人情報を扱うようなアプリケーションで安全に通信ができるようにシンプルなレイヤーを提供する匿名化ネットワークです。全てのデータは複数の暗号化レイヤーによってラッピングされます。ネットワークは分散されて動的に動きまわり、信頼機関を必要としません。
メールやピアツーピア、IRC チャットなど、多数のアプリケーションで I2P を利用することができます。

インストール

I2P は AUR からインストールできます。i2pAUR はソースからコンパイルを行い、i2p-binAUR はコンパイル済みのバイナリをインストールします。

使用方法

まず、i2prouter.service起動 (または有効化) してください。

システムユーザー i2p 下でデーモンが起動します。次に、お好きなブラウザを開いて以下の I2P ウェルカムページを開いて下さい:

127.0.0.1:7657/home

上記のページから I2P の設定や統計のページを開いたり、"Eepsites of Interest" に飛ぶことができます (eepsite は I2P ネットワーク上でのみアクセスできるサイトです。Tor ネットワーク上でのみ利用できる .onion サイトと同じです)。また、デーモンからネットワークがブートストラップするまで、eepsite は利用できないので注意してください。場合によって数分ほどかかることがあります。

outproxy の使用を有効化するには、以下のブラウザ設定を使って下さい:

HTTP  127.0.0.1 4444
HTTPS 127.0.0.1 4445

参照