Incron

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

incron はファイルシステムのイベントを監視してシステム・ユーザーテーブルに定義されたコマンドを実行するデーモンです。

インストール

incron パッケージをインストールしてください。

有効化と自動起動

パッケージをインストールしても、デフォルトではデーモンは有効になりません。systemctl を使って有効化してください。

設定

Incrontab は直接編集してはいけません。incrontab を操作するときは incrontab プログラムを使ってください。

incrontab を使う

incrontab を確認するには以下のコマンドを実行:

$ incrontab -l

incrontab を編集するには:

$ incrontab -e

incrontab を削除するには:

$ incrontab -r

incrond をリロードするには:

$ incrontab -d

他のユーザーの incrontab を編集するには、以下のコマンドを root で実行:

# incrontab -u user

Incrontab フォーマット

incrotab ファイルには1行ごとに監視するディレクトリ・ファイルとイベント、実行するコマンドを指定します。

incrontab の基本的なフォーマットは以下のようになります:

path mask command
  • pathincrond が変更を監視するディレクトリまたはファイルです
  • mask は incrond が監視するファイルシステムのイベントの種類です。カンマで区切って複数のパラメータを指定できます。
  • command はファイルシステムのイベントが発生したときに実行するコマンドです。

マスクタイプ

Incrontab では以下のマスクタイプを使って監視するファイルシステムのイベントを指定します。

ファイルがアクセスされたり読み込まれたときにコマンドを実行するには:

IN_ACCESS

ファイルの属性 (タイムスタンプやパーミッションなど) が変更されたときにコマンドを実行するには:

IN_ATTRIB

書き込むために開かれたファイルが閉じたときにコマンドを実行するには:

IN_CLOSE_WRITE

書き込み以外のために開かれたファイル・ディレクトリが閉じたときにコマンドを実行するには:

IN_CLOSE_NOWRITE

監視ディレクトリにファイルが作成されたときにコマンドを実行するには:

IN_CREATE

監視ディレクトリのファイル・ディレクトリが削除されたときにコマンドを実行するには:

IN_DELETE

ファイルに変更が加えられたときにコマンドを実行するには:

IN_MODIFY