JDownloader

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

JDownloaderJava で書かれたダウンロードマネージャです。JDownloader は通常のファイルをダウンロードできるだけでなく、Rapidshare.com などのオンラインファイルホスティングサービスからもファイルをダウンロードできます。

インストール

AUR から jdownloader2AUR をインストールしてください。

JDownloader を実行するには Java のインストールが必要です。OpenJDK が推奨されており、JDownloader をストレスなく動作させることができます。

実行

jdownloader コマンドを使って JDownloader を起動してください。AUR から JDownloader をインストールした場合、アップデートツールが実行され JDownloader を動作させるのに必要なファイルがダウンロードされます。AUR からインストールしなかった場合は、JDownloader が直接起動します。

設定

JDownloader を初めて起動したとき、使用する言語とダウンロードディレクトリを選択することができます。次のウィンドウでは、Firefox の拡張である FlashGot をインストールするかどうか JDownloader に尋ねられますが、キャンセルをクリックすることを推奨します。拡張をインストールしたい場合、mozilla の公式アドオンウェブサイト でダウンロードできます。

Light(GTK) テーマを有効にしたときにフォントのアンチエイリアスが解除されてしまう場合、Java ランタイム環境のフォント#アンチエイリアスに書かれているように ~/.bashrc を修正してください。

ヒントとテクニック

ファイルをダウンロードするときにサブディレクトリを作成しない

デフォルトでは jdownloader はファイルをダウンロードするごとにダウンロード先にサブディレクトリを作成します。サブディレクトリを作成したくない場合は Settings > Packagiser から定義済みのルールのチェックを外してください。

サイトごとに設定を変更する

Settings > Plugins から個別のサイトごとに設定を変えられます。例えば youtube.com プラグインの設定を変更すれば youtube のリンクから音声だけダウンロードするように jdownloader を設定できます。

トラブルシューティング

ウィンドウマネージャでウィンドウの大きさを変更できない、メニューがすぐ閉じてしまう

Java#他のウィンドウマネージャになりすますを見てください。