Joomla

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Joomla! はウェブコンテンツを公開するためのフリーでオープンソースのコンテンツマネジメントシステム (CMS) です。PHP で書かれており MySQL, PostgreSQL, MS SQL データベースなどにデータを保存します。

サポートされている機能としてページキャッシュや RSS フィード、印刷ページ、ニュースフラッシュ、ブログ、検索、国際化などがあります。

イントロダクション

Joomla を使うには以下のコンポーネントをインストール・設定する必要があります:

  • PHP が使える HTTP サーバー (下の例では Apache を使用します)
  • PHP ライブラリ
  • SQL エンジン (PostgreSQL, MySQL)

インストール

joomlaAUR パッケージをインストールしてください。

設定

Apache

Apache HTTP Server#設定を見て Apache を立ち上げてください。

PHP のサポートを有効にする必要があります。/etc/httpd/conf/httpd.conf を編集してください。PHP は mod_mpm_event.so モジュールでは動作しません。以下のように mod_mpm_prefork.so を使うようにしてください:

#LoadModule mpm_event_module modules/mod_mpm_event.so
LoadModule mpm_prefork_module modules/mod_mpm_prefork.so

mod_dir.so モジュールの後に以下の行を追加 (アンコメント) してください:

LoadModule php7_module modules/libphp7.so

ハンドラを追加:

AddHandler php7-script php

Include リストの一番最後に以下を追加:

Include conf/extra/php7_module.conf

MySQL

MySQL#インストールを見て MySQL をセットアップしてください。

セットアップが完了したら、ウェブサイト用のデータベースを作成:

$ mysqladmin -u root -p create joomla

名前は自由ですが、分かりやすく 'joomla' という名前を付けています。

root の MySQL アカウントを使用することは推奨されません。他のユーザーを作成するためにまずは mysql のインターフェイスを開きます:

$ mysql -u root -p

上記のコマンドで MySQL の root パスワードが要求されます。MySQL サーバーが立ち上がっていれば、以下のように MariaDB のプロンプトが表示されます:

MariaDB [(none)]>

以下のコマンドでユーザーを作成 ($USER と $PASSWD の値は適宜置き換えてください):

GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER, CREATE TEMPORARY TABLES, \
LOCK TABLES ON joomla.* TO '$USER'@'localhost' IDENTIFIED BY '$PASSWD';

設定を適用して終了してください:

FLUSH PRIVILEGES;
quit

PHP

次に PHP サーバーを設定します。/etc/php/php.ini を編集してください。

以下の行をコメントアウト:

;output_buffering = 4096

以下の行を編集してエラーを出力するように設定:

error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT
display_errors = On

ログ出力を有効化 (任意):

log_errors = On

MySQL のサポートを有効化 (以下のオプションをアンコメント):

extension=pdo_mysql.so
extension=mysqli.so

PHP が正しく設定されているかどうかテストするには、以下のようなシンプルなファイルを some_page.php として保存してください:

<?php echo '<p>Hello World</p>'; ?>

httpd を再起動して http://localhost/some_page.php を開いてください。

Joomla

Joomla を起動するために、/usr/share/webapps/joomla の中身をドキュメントルートにコピーしてください。

そして http://localhost/ を開いてください。

Joomla! のインストール画面が表示されるはずです。

トラブルシューティング

ノート: ウェブサーバーやデータベースの一般的なトラブルシューティングについては Apache#トラブルシューティングMySQL#トラブルシューティングを参照。

The file Cache Storage is not supported on this platform

おそらく Apache が $DocumentRoot/cache に書き込むことができません。

デフォルトでは Apache は 'http' ユーザーで動作するため、$DocumentRoot/cache$DocumentRoot/administrator/cache のパーミッションを変更する必要があります。