Lenovo ThinkPad T61

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

システム仕様

Lenovo ThinkPad T61 - Intel Centrino Pro

  • Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7300 (2.00GHz, 4MB, 800MHz)
  • Mobile Intel 965GM Express Chipset
  • 2GB PC2-5300/677MHz
  • 80-GB 5400 rpm SATA ハードドライブ
  • 14.1インチ TFT WXGA+ (1440 x 900, 200 nit)
  • Intel® Graphics Media Accelerator GM965 (128MB)
  • 82801H ICH8 Family HD Audio Controller
  • DVD-ROM, CD-RW/DVD Combo, Multi-Burner Plus
  • モデム; ギガビットイーサネット
  • Intel® Wireless Wi-Fi Link 4965AG
  • 1 Type II PC カードスロット
  • 1 ExpressCard 34/54
  • デュアルポイントデバイス (ポイントスティックとタッチパッド)

lshwd の出力:

00:00.0 Class 0600: Intel Corporation|Mobile Memory Controller Hub (unknown)
00:02.0 Class 0300: Intel Corporation|Mobile Integrated Graphics Controller (vesa)
00:02.1 Class 0380: Intel Corporation|Mobile Integrated Graphics Controller (vesa)
00:19.0 Class 0200: Intel Corporation|Mobile Integrated Graphics Controller (unknown)
00:1a.0 Class 0c03: Intel Corporation|USB UHCI Controller #4 (unknown)
00:1a.1 Class 0c03: Intel Corporation|USB UHCI Controller #5 (unknown)
00:1a.7 Class 0c03: Intel Corporation|USB2 EHCI Controller #2 (unknown)
00:1b.0 Class 0403: Intel Corp.|ICH8 HD Audio DID (snd-hda-intel)
00:1c.0 Class 0604: Intel Corporation|PCI Express Port 1 (unknown)
00:1c.1 Class 0604: Intel Corporation|PCI Express Port 2 (unknown)
00:1c.2 Class 0604: Intel Corporation|PCI Express Port 3 (unknown)
00:1c.3 Class 0604: Intel Corporation|PCI Express Port 4 (unknown)
00:1c.4 Class 0604: Intel Corporation|PCI Express Port 5 (unknown)
00:1d.0 Class 0c03: Intel Corporation|USB UHCI Controller #1 (unknown)
00:1d.1 Class 0c03: Intel Corporation|USB UHCI Controller #2 (unknown)
00:1d.2 Class 0c03: Intel Corporation|USB UHCI Controller #3 (unknown)
00:1d.7 Class 0c03: Intel Corporation|USB2 EHCI Controller #1 (unknown)
00:1e.0 Class 0604: Intel Corp.|82801 Hub Interface to PCI Bridge (hw_random)
00:1f.0 Class 0601: Intel Corporation|Mobile LPC Interface Controller (unknown)
00:1f.2 Class 0101: Intel Corporation|Mobile SATA Controller cc=IDE (ata_piix)
00:1f.3 Class 0c05: Intel Corporation|SMBus Controller (i2c-i801)
03:00.0 Class 0280: Intel Corporation|SMBus Controller (unknown)
15:00.0 Class 0607: Ricoh Co Ltd.|RL5c476 II (yenta_socket)
15:00.1 Class 0c00: Ricoh Co Ltd.|RL5c476 II (unknown)
15:00.2 Class 0805: Ricoh Co Ltd.|SD Card reader (unknown)
15:00.3 Class ffff: Ricoh Co Ltd.|SD Card reader (unknown)
15:00.4 Class 0880: Ricoh Co Ltd.|R5C592 Memory Stick Bus Host Adapter (unknown)
15:00.5 Class 0880: Ricoh Co Ltd.|xD-Picture Card Controller (unknown)

ノートパソコンのほとんどのハードウェアは問題なく動作します。モデムの動作は未確認です。

インストール

リストアパーティションを後で使用する場合、バックアップするようにしてください。

インストールガイドに従ってインストールを行って下さい。

設定

ビデオドライバー

Nvidia

NVIDIA を参照してください。

ノート: NVIDIA ロゴの後にカーソルが表示されない場合、最小限の X だけをテストしてみてください。

ネットワーク

ワイヤレス

以下のどちらかのモジュールが使われます:

  • iwl3945
  • iwl4965

使用するにはファームウェアのインストールが必要です。ワイヤレス設定#Intel を見てください。

マウス設定

トラックポイントSynaptics を見てください。

ThinkFinger

ThinkFinger を見てください。

UltraBay デバイスのホットスワップ

Fn+F9 で ThinkPad の UltraBay からデバイスをエジェクトできるようにしたい場合、[1] にあるスクリプトを tp_ultrabay_eject.sh という名前で作成してください。

スクリプトの上部にある、"DEVPATH" 変数は環境にあわせて変更する必要があります。UltraBay 光学ドライブを接続して以下のコマンドを実行してください:

# udevadm info --query=path --name=/dev/sr0 | perl -pe 's!/block/...$!!'

"DEVPATH" の値を上記のコマンドの出力に置き換えてください。

そしてスクリプトのパーミッションを変更:

# chown root:root tp_ultrabay_eject.sh
# chmod 555 tp_ultrabay_eject.sh

どこかに保存してから /etc/acpi/handler.sh の "ibm/hotkey)" セクションの下に以下を追加:

              00001009) # Eject from dock
                  DISPLAY=:0.0 /path/to/tp_ultrabay_eject.sh
                  ;;

"DISPLAY=:0.0" は通知を送信する先を設定するために必要です。

設定後、Fn+F9 を押すとファイルシステムがアンマウントされ、UltraBay の電源が落ちて通知が飛びます (notify-send が使われます)。ファイルシステムをアンマウントできなかった場合、警告メッセージが表示されます。

UltraBay のエジェクトレバーを開放することでも上記と同じことができます (Fn+F9 を押す必要はありません)。詳しくは http://www.thinkwiki.org/wiki/How_to_hotswap_Ultrabay_devices を見てください。

マルチメディアキー

特別なキーボードキーを見てください。

HDAPS

HDAPS を見てください。

他の設定

GRUB でリカバリパーティションにアクセス

/boot/grub/menu.lst ファイルを編集して以下を追加してください:

# booting "Rescue and Recovery" partition from Lenovo
title Thinkpad Maintenance
unhide (hd0,0)
rootnoverify (hd0,0)
chainloader +1

HDD のクリック音

hdparm をインストールして、システムの起動時に以下のコマンドを実行してください:

# hdparm -B 244 /dev/sda

参照: http://www.thinkwiki.org/wiki/Problem_with_hard_drive_clicking

参照