Lenovo ThinkPad X1 Carbon (Gen 4)

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

ヒント: ThinkPad の資料は https://www.thinkwiki.org/wiki/ThinkWiki にまとまっています。

モデルの説明

Lenovo ThinkPad X1 Carbon, Gen 4。

使用しているノートパソコンが第4世代であることを確かめるには、dmidecode を実行:

# dmidecode -t system | grep Version

Version: ThinkPad X1 Carbon 4th

UEFI

UEFI の更新方法は次のページに書かれています: link ThinkWiki BIOS Upgrade/Using UEFI

対応状況

デバイス 動作
Intel Graphics Yes
ワイヤレス設定#iwlwifi Yes
モバイルブロードバンド Yes
ALSA Yes
タッチパッド Yes
トラックポイント Yes
カメラ Yes
指紋リーダー Yes
電源管理 Yes
Bluetooth Yes
microSD カードリーダー Yes

設定

ディスプレイ

ディスプレイのオプションは2つあります:

  • 14" FHD IPS (1920 x 1080): 動作
  • 14" WQHD (2560 x 1440): 動作

HDMI: 動作

Mini DisplayPort: 動作

OneLink+

RJ45-Adapter: 動作

ドック

Ethernet: 動作

DisplayPort: 動作

オーディオ: 動作

VGA: 動作

WiFi

複数のカードが使われています:

  • Intel Dual Band Wireless-AC 8260, 2x2
  • Intel WiGig 18260 AC 2x2

Bluetooth

全てのカードは BT4.1 に対応しており bluetooth サービスを起動すれば特に特別な設定をしなくても動作します。

WWAN

複数のカードが使われています:

  • 4G LTE (Huawei ME906S) - テスト済、安定的に動作します。
  • Qualcomm Snapdragon X7 LTE-A (Sierra Wireless EM7455) - 動作状況は不明。

指紋リーダー

搭載されている指紋リーダーは 138a:0090 Validity Sensors, Inc で、公式の Linux 用のドライバーは存在しません [1]。('Validity Sensors' の親会社である) Synaptics はプロトコルを公開することができないと非公式に発言していますが、バイナリドライバーがリリースされる可能性はあります。

Windows ドライバーをリバースエンジニアリングすることによってオープンソースの Linux ドライバーが開発されています [2]。更に、libfprint 開発されているドライバーlibfprint-vfs0090-gitAUR パッケージとしてインストールできます。

参照