MSI GS65

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
デバイス 動作 モジュール
Intel GPU 動作 modesetting
Nvidia GPU 動作 nvidia (nouveau ではない)
Ethernet 動作 alx
ワイヤレス パッチで動作 iwlwifi
オーディオ 動作 snd_hda_intel
ウェブカメラ 動作 uvcvideo
Bluetooth 動作 btusb
USB 動作
電源管理 部分的に動作
キーボード 部分的に動作
タッチパッド 部分的に動作 libinput

ノートパソコンに関する一般的な記事や推奨事項についてはノートパソコンを見てください。

設定

BIOS

2.20.1271

起動時に delete キーを押すことで BIOS の設定を開くことができ、F11 キーでクイック起動選択ウィンドウを開き、F12 キーで PXE スキャンを実行できます。

BIOS 設定では Main タブでモデルの名前を確認でき、Security タブからセキュアブートを無効化したり起動モードを UEFI からレガシーモードに切り替えられます。

内蔵の Intel GPU を無効化するオプションはありません。

ネットワーク

ワイヤレス

Killer 1550 のサポートはまだ存在しません [1]

カーネルにパッチを適用することでサポートを追加できます。[2] {IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x1552, iwl9560_2ac_cfg_soc)}, を追加します。

Arch Build System を使用することでカーネルをリビルドして wifi のマッピングを追加できます:

0001-Add-patch-for-MSI-GS65-wifi.patch
From c15cb8df385c8fe6d98eda2098c688bc20ffca1c Mon Sep 17 00:00:00 2001
From: Sandy Carter <bwrsandman@gmail.com>
Date: Tue, 19 Jun 2018 09:38:08 -0700
Subject: [PATCH] Add patch for MSI GS65 wifi

---
 repos/core-x86_64/0004-Add-wifi-support.patch | 10 ++++++++++
 repos/core-x86_64/PKGBUILD                    |  6 +++++-
 2 files changed, 15 insertions(+), 1 deletion(-)
 create mode 100644 repos/core-x86_64/0004-Add-wifi-support.patch

diff --git a/repos/core-x86_64/0004-Add-wifi-support.patch b/repos/core-x86_64/0004-Add-wifi-support.patch
new file mode 100644
index 0000000..b7e62ef
--- /dev/null
+++ b/repos/core-x86_64/0004-Add-wifi-support.patch
@@ -0,0 +1,10 @@
+--- a/drivers/net/wireless/intel/iwlwifi/pcie/drv.c
++++ b/drivers/net/wireless/intel/iwlwifi/pcie/drv.c
+@@ -797,6 +797,7 @@
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x1010, iwl9260_2ac_cfg)},
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x1030, iwl9560_2ac_cfg_soc)},
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x1210, iwl9260_2ac_cfg)},
++	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x1552, iwl9560_2ac_cfg_soc)},
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x2030, iwl9560_2ac_cfg_soc)},
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x2034, iwl9560_2ac_cfg_soc)},
+ 	{IWL_PCI_DEVICE(0xA370, 0x4030, iwl9560_2ac_cfg_soc)},
diff --git a/repos/core-x86_64/PKGBUILD b/repos/core-x86_64/PKGBUILD
index cba8dca..436cd76 100644
--- a/repos/core-x86_64/PKGBUILD
+++ b/repos/core-x86_64/PKGBUILD
@@ -22,6 +22,7 @@ source=(
   0001-add-sysctl-to-disallow-unprivileged-CLONE_NEWUSER-by.patch
   0002-Revert-drm-i915-edp-Allow-alternate-fixed-mode-for-e.patch
   0003-ACPI-watchdog-Prefer-iTCO_wdt-always-when-WDAT-table.patch
+  0004-Add-wifi-support.patch
 )
 validpgpkeys=(
   'ABAF11C65A2970B130ABE3C479BE3E4300411886'  # Linus Torvalds
@@ -37,7 +38,8 @@ sha256sums=('9faa1dd896eaea961dc6e886697c0b3301277102e5bc976b2758f9a62d3ccd13'
             'ad6344badc91ad0630caacde83f7f9b97276f80d26a20619a87952be65492c65'
             'e3c08f9b91611186e5ec579187ecea2a0143e5c2dc7ffc30ac6ea6e2b6d130fd'
             '5403dead9161344b2c01027526146a250147680f4a2d32a54d40c55fc1becc8a'
-            'd55e7de60b12bca26ded4c1bb8eb5860a9092374914a201a0f6a0ed2849d099f')
+            'd55e7de60b12bca26ded4c1bb8eb5860a9092374914a201a0f6a0ed2849d099f'
+            '54b32090a6ac96e95da8cfd54634310adbff6fbebb8dbbef176d1d3facf4d1a5')
 
 _kernelname=${pkgbase#linux}
 : ${_kernelname:=-ARCH}
@@ -60,6 +62,8 @@ prepare() {
   # https://bugs.archlinux.org/task/56780
   patch -Np1 -i ../0003-ACPI-watchdog-Prefer-iTCO_wdt-always-when-WDAT-table.patch
 
+  patch -Np1 -i ../0004-Add-wifi-support.patch
+
   cat ../config - >.config <<END
 CONFIG_LOCALVERSION="${_kernelname}"
 CONFIG_LOCALVERSION_AUTO=n
-- 
2.17.1

パッケージをチェックアウトして上記のパッチを適用:

$ asp checkout linux
$ cd linux/repos/core-x86_64
$ git am 0001-Add-patch-for-MSI-GS65-wifi.patch
$ makepkg -i

ビデオ

バックライト

バックライトは特に設定をしなくても機能します。

# ls /sys/class/backlight/
intel_backlight

ドライバー

PRIME 機能は nvidia を使用する場合のみ動作し、intel のビデオドライバーでは機能しません。代わりに modsetting を使用します。

xf86-video-nouveau ドライバーは PRIME 構成ではうまく動きません (#トラブルシューティングを参照)。

マルチディスプレイ

intel-virtual-output ツールによってマルチディスプレイが使えます。Bumblebee wiki の 'port wired to Nvidia' のセクションや Stack Exchange の記事を参照してください。

ウェブカメラ

ウェブカメラは bus 001 の device 003 です。詳しくはウェブカメラ設定を見てください。

# lsusb -vs 001:003
Bus 001 Device 003: ID 5986:211c Acer, Inc 
Device Descriptor:
  bLength                18
  bDescriptorType         1
  bcdUSB               2.01
  bDeviceClass          239 Miscellaneous Device
  bDeviceSubClass         2 
  bDeviceProtocol         1 Interface Association
  bMaxPacketSize0        64
  idVendor           0x5986 Acer, Inc
  idProduct          0x211c 
  bcdDevice            3.01
  iManufacturer           1 SunplusIT Inc
  iProduct                2 HD Webcam
  iSerial                 0 
  bNumConfigurations      1
...

電源管理

バッテリーインジケータは特に設定をしなくても動作します。

スリープと復帰も適切に設定をしていれば動作します (電源管理を参照)。

スリープの問題として、復帰時にネットワークが無効になって機内モードに設定される場合があります。この問題はハイバネートでは発生しません。

キーボード

ライト

# lsusb -vs 001:002
Bus 001 Device 002: ID 1038:1122 SteelSeries ApS 
Device Descriptor:
  bLength                18
  bDescriptorType         1
  bcdUSB               2.00
  bDeviceClass            0 
  bDeviceSubClass         0 
  bDeviceProtocol         0 
  bMaxPacketSize0        64
  idVendor           0x1038 SteelSeries ApS
  idProduct          0x1122 
  bcdDevice            2.29
  iManufacturer           1 SteelSeries
  iProduct                2 SteelSeries KLC
  iSerial                 0 
  bNumConfigurations      1

udev ルールの vendor_id と product_id が一致しないために msi-keyboard-gitAUR を使って Steel Series 製のキーボードライトを設定することはできません。

ボタンマッピング

米国モデルでは、\| キー (スペースの右) のスキャンコードは 0x56 となっており、<> に間違ってマッピングされます。

スキャンコードのマッピングを追加することでマッピングを修正できます:

/etc/udev/hwdb.d/85-msi-keyboard.hwdb
# MSI GS65 Stealth Thin has a physical backslash key next to the space bar
evdev:atkbd:dmi:bvn*:bvr*:bd*:svnMicro-Star*:pnGS65StealthThin*:pvr*
 KEYBOARD_KEY_56=backslash

キーマッピングデータベースをリロードしてください:

# systemd-hwdb update
# udevadm trigger

問題を修正するコミット [3] が systemd にマージされており、次のリリースで (systemd 240) 問題は解決する予定です。

マッピングされないボタン

以下のボタンはキーコードが割り当てられていません。

  • FN + F7
  • FN + F10
  • FN + Home

タッチパッド

シングルタップと2本指スクロールは機能します。マルチジェスチャは動作しませんが、libinput-gesturesAUR で認識できます。

トラブルシューティング

ロックアップ問題 (lspci と電源オフでフリーズ)

lspci や電源オフ時にフリーズする場合、NVIDIA Optimus#ロックアップ問題 (lspci がフリーズ) を見てください。

Arch ISO を使用する場合はカーネルパラメータに modprobe.blacklist=nouveau を追加してください (https://superuser.com/a/1301487)。nouveau を使用しない場合は nvidia をインストールしてください。

Cheese でカメラを開いたときにフリーズ

vlc をインストールして以下のコマンドを実行することで解決します:

$ vlc v4l:// :v4l-vdev="/dev/video0"

上記のコマンドの実行後は cheese が動作するようになるはずです。

ハードウェア

MS-16Q2

マイクロアーキテクチャ・プロセッサ・プラットフォーム

uname -mpi
x86_64 unknown unknown

PCI デバイス

lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Device 3ec4 (rev 07)
00:01.0 PCI bridge: Intel Corporation Xeon E3-1200 v5/E3-1500 v5/6th Gen Core Processor PCIe Controller (x16) (rev 07)
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Device 3e9b
00:12.0 Signal processing controller: Intel Corporation Device a379 (rev 10)
00:14.0 USB controller: Intel Corporation Device a36d (rev 10)
00:14.2 RAM memory: Intel Corporation Device a36f (rev 10)
00:14.3 Network controller: Intel Corporation Device a370 (rev 10)
00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Device a360 (rev 10)
00:1b.0 PCI bridge: Intel Corporation Device a340 (rev f0)
00:1d.0 PCI bridge: Intel Corporation Device a330 (rev f0)
00:1d.4 PCI bridge: Intel Corporation Device a334 (rev f0)
00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation Device a30d (rev 10)
00:1f.3 Audio device: Intel Corporation Device a348 (rev 10)
00:1f.4 SMBus: Intel Corporation Device a323 (rev 10)
00:1f.5 Serial bus controller [0c80]: Intel Corporation Device a324 (rev 10)
01:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP104M [GeForce GTX 1070 Mobile] (rev a1)
3b:00.0 Non-Volatile memory controller: Samsung Electronics Co Ltd Device a808
3c:00.0 Ethernet controller: Qualcomm Atheros Killer E2500 Gigabit Ethernet Controller (rev 10)

USB デバイス

lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 002: ID 1038:1122 SteelSeries ApS 
Bus 001 Device 003: ID 8087:0aaa Intel Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub