Mathematica

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Mathematica は科学・工学・数学分野で使われている商用プログラムです。この記事ではインストールする方法を説明します。

インストール

Mathematica は有料のアプリケーションでありアップグレードには費用がかかるため、様々なバージョンのインストール手順を示します。

Mathematica 6

ISO のマウント

/media/iso を作成して以下の行を fstab に追加することで Mathematica の ISO をマウントします:

/location/of/mathematica.iso /media/iso iso9660 exec,ro,user,noauto,loop=/dev/loop0   0 0

次のコマンドでマウントできます:

# mount /media/iso

インストーラの実行

以下のディレクトリに移動して:

/Unix/Installer

次のコマンドで MathInstaller を実行することでインストーラを起動できます:

sh ./MathInstaller
ノート: If you do not place the "sh" in front, then you will get an error about a bad interpreter.

フォント

Type1 と BDF フォントが入ったディレクトリを FontPath に追加してください。

Mathematica 7

Mathematica 7 は簡単にインストールできます:

tar xf Mathematica-7.0.1.tar.gz
cd Unix/Installer
./MathInstaller

指示に従って下さい。

KDE を使っている場合、Mathematica アイコンが Lost & Found カテゴリに表示されることがあります。その場合、以下のコマンドを root で実行:

# ln -s /etc/xdg/menus/applications-merged /etc/xdg/menus/kde-applications-merged

Mathematica 8.0.4.0

64ビットマシンでは、既知の問題が2つありますが、解決方法が存在します。2番目の問題は64ビット版で発現しますが、32ビット環境では確認されていません。

1番目の問題は Mathematica の中で nVidia, CUDA, OpenCL ライブラリを使うときに起こります。

64ビットの Arch Linux では nVidia と opencl のドライバーパッケージはライブラリを (nVidia のバイナリインストーラが使う /usr/lib64 ではなく) /usr/lib にインストールします。これ自体は問題ではありません: 64ビットの Arch 環境では64ビットのライブラリを置く場所は /usr/lib となっています。しかしながら、Mathematica の64ビット版はドライバーが /usr/lib64 にインストールされていると決めてかかります。Mathematica がテストされた他のディストリビューションはドライバーをその場所に保存しています。一番簡単な解決方法は /usr/lib64 から /usr/lib にシンボリックリンクを作成することです。それで Mathematica は nVidia, CUDA, OpenCL ライブラリを見つけられるようになります。

もしくは、以下の環境変数を設定する方法もあります:

export NVIDIA_DRIVER_LIBRARY_PATH=/usr/lib/libnvidia-tls.so
export CUDA_LIBRARY_PATH=/usr/lib/libcuda.so

ただしこの方法では Mathematica は /usr/local の OpenCL ライブラリを見つけることができません。/usr/lib64 から変更できません。

64ビットの Arch Linux における Mathematica 8 の2番目の問題 (32ビット環境にも影響を与えるかもしれませんが、テストしていません) は WolframAlpha[] 関数を実行したときに再現可能なクラッシュが発生することです。デフォルトでは、Mathematica はデータを取得するためにネットワークに接続する方法を設定する際、システムのプロキシ設定を使うように設定されています。しかしながら"バグ"が存在するためにライブラリが使われたときに Mathematica がクラッシュしてしまいます。対処法は、Mathematica を直接インターネットに接続するように設定して、このライブラリを呼び出すのを避けることです (Edit > Preferences > Internet Connectivity > Proxy Settings)。このバグは Wolfram に既に報告済みです。

Mathematica 10

AUR から (昔の) mathematicaAURインストールしてください。Mathematica_10.XX.YY_LINUX.sh インストールスクリプトが必要になります。Wolfram.com や大学のウェブサイトなどからダウンロードしてください。また、アクティベーションキーも必要です。

Mathematica 11

mathematicaAURインストールしてください。Wolfram Research から Mathematica_11.XX.YY_LINUX.sh とアクティベーションキーを入手してください。インストールが成功しても重大でないエラーが発生することがあります: xdg-icon-resource, mkdir, xdg-desktop-menu。

Mathematica 11 は (Xdg ユーザーディレクトリに従って Mathematica によって設定される) $UserDocumentsDirectory にドキュメントフォルダ 'Wolfram Mathematica' を自動的に作成します。

トラブルシューティング

記号が表示されない

特定の記号が表示されない ("/" が四角になる) というフォントの問題が設定する場合、font-mathematica をアンインストールしてみてください。

また、こちらの解決方法 を試してみて下さい。

アプリケーションのアンチエイリアスを試してみて下さい。KDE の場合: System Settings > Application Appearance > Fonts > Use anti-aliasing (Enabled)。

HiDPI / Retina ディスプレイ

Apple Retina ディスプレイなどの HiDPI ディスプレイを使っている場合、Mathematica のメインテキストが小さく表示されることがあります。以下のように設定することで大きくできます:

  • Edit → Preferences を選択
  • Advanced タブから Open Option Inspector をクリック
  • 右のツリーから Formatting Options → Font Options → Font Properties を選択
  • "ScreenResolution" の値を2倍に変更。例: 72 → 144。xdpyinfo | grep resolution を使って正確な値を取得することもできます (取得した値を2倍にしてください)。

参照