Matrix

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Matrix はオープンなインスタントメッセージや VoIP のための野心的な新しいエコシステムです。サーバー・クライアントと、IRC など既存のメッセージソリューションと通信するためのブリッジソフトウェアから構成されています。

Arch Linux の Matrix チャンネルがあります: #archlinux:archlinux.org

インストール

サーバーのリファレンス実装である Synapsematrix-synapse パッケージでインストールできます。パッケージをインストールすると synapse ユーザーが作成されます。

設定

インストールしたら、設定ファイルを作成する必要があります。ファイルは synapse ユーザーから読み込めるように設定してください:

$ cd /var/lib/synapse
$ sudo -u synapse python -m synapse.app.homeserver \
  --server-name my.domain.name \
  --config-path /etc/synapse/homeserver.yaml \
  --generate-config \
  --report-stats=yes

上記のコマンドで、入力したサーバー名の SSL 鍵と自己署名証明書が生成されます。サーバー名を変更した場合は再生成してください。

なお、同一のドメイン名にて Matrix 以外のサービスを動作させないことと、リバースプロキシを設定することが推奨されます。公式ドキュメント Security Note も参照してください。

サービス

パッケージには synapse.service という名前の systemd サービスが付属しています。サービスを起動することで synapse ユーザーで synapse サーバーが起動し、/etc/synapse/homeserver.yaml 設定ファイルが使われます。

ユーザー管理

synapse サーバーには最低でもひとりのユーザーが必要です。以下のようにコマンドでユーザーを作成できます:

$ register_new_matrix_user -c /etc/synapse/homeserver.yaml https://localhost:8448

もしくは matrix クライアント を使ってください。