MediaWiki

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

MediaWiki は PHP で書かれたフリーでオープンソースのウィキソフトウェアです。元は Wikipedia のために開発されました。

インストール

ノート: LAMP ではなく XAMPP を使う場合、インストール後に必要な設定が変わってきます。詳しくは こちら を参照。

MediaWiki を動かすには以下の3つが必要です:

任意で、サムネイルを表示するには imagemagick または php-gd パッケージを、Unicode 正規化を使うには php-intl パッケージもインストールしてください。

設定

MediaWiki を動かすには PHP の設定や MediaWiki の設定スニペットの追加などを行います。

PHP

まず、/etc/php/php.iniopen_basedir を変更して mediawiki のデータディレクトリ (デフォルトでは /var/lib/mediawiki) を記述してください:

/etc/php/php.ini
open_basedir = /srv/http/:/home/:/tmp/:/usr/share/pear/:/usr/share/webapps/:/var/lib/mediawiki/

そして、同じく /etc/php/php.ini の以下の行をアンコメントします (Dynamic Extensions セクションの下):

extension=gd.so
extension=intl.so
extension=iconv.so
ノート:
  • データベースとして SQLite を使いたいときは、extension=pdo_sqlite.so もアンコメントしてください。
  • データベースとして MariaDB を使いたいときは、extension=mysqli.so もアンコメントしてください。

次に、session.save_path パスでセッションの処理を変更します。この設定を行わないと致命的なエラーが表示されることがあります (PHP Fatal error: session_start(): Failed to initialize storage module[...])。/var/lib/php/sessions/tmp/ に設定するのが良いでしょう。

/etc/php/php.ini
session.save_path = "/var/lib/php/sessions"

ディレクトリが存在していない場合はディレクトリを作成してパーミッションを設定してください:

# mkdir -p /var/lib/php/sessions/
# chown http:http /var/lib/php/sessions
# chmod go-rwx /var/lib/php/sessions

ウェブサーバー

Apache

/etc/webapps/mediawiki/apache.example.conf/etc/httpd/conf/extra/mediawiki.conf にコピーして必要に応じて編集してください。

以下の行を /etc/httpd/conf/httpd.conf に追加:

Include conf/extra/mediawiki.conf

httpd.service デーモンを再起動してください。

ノート: デフォルトファイルの /etc/webapps/mediawiki/apache.example.conf は PHP の open_basedir 設定を上書きするため、他のページに干渉することがあります。php_admin_value から始まる行を <Directory> タグの間に移動することで挙動を変更できます。さらに、同一サーバー上で複数のアプリケーションを動かす場合、/etc/httpd/conf/extra/mediawiki.conf ではなく /etc/php/php.ini の open_basedir に値を追加する方法もあります。

Nginx

Nginx で MediaWiki を動作させるには、以下のファイルを作成してください:

/etc/nginx/mediawiki.conf

location / {
   index index.php;
   try_files $uri $uri/ @mediawiki;
}
location @mediawiki {
   rewrite ^/(.*)$ /index.php;
}
location ~ \.php5?$ {
   include /etc/nginx/fastcgi_params;
   fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
   fastcgi_index index.php5;
   fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
   try_files $uri @mediawiki;
}
location ~* \.(js|css|png|jpg|jpeg|gif|ico)$ {
   try_files $uri /index.php;
   expires max;
   log_not_found off;
}
# Restrictions based on the .htaccess files
location ^~ ^/(cache|includes|maintenance|languages|serialized|tests|images/deleted)/ {
   deny all;
}
location ^~ ^/(bin|docs|extensions|includes|maintenance|mw-config|resources|serialized|tests)/ {
   internal;
}
location ^~ /images/ {
   try_files $uri /index.php;
}
location ~ /\. {
   access_log off;
   log_not_found off; 
   deny all;
}

php-fpm をインストール・起動します。

以下のような server ディレクティブを記述してください:

/etc/nginx/nginx.conf
server {
  listen 80;
  server_name mediawiki;
  root /usr/share/webapps/mediawiki;
  index index.php;
  charset utf-8;
# For correct file uploads
  client_max_body_size    100m; # Equal or more than upload_max_filesize in /etc/php/php.ini
  client_body_timeout     60;
  include mediawiki.conf;

}

最後に、nginx.servicephp-fpm.service デーモンを再起動してください。

Lighttpd

インストール・設定済みの Lighttpd が必要です。lighttpd の server.modules に "mod_alias" と "mod_rewrite" が必要になります。lighttpd の設定ファイルに以下の行を追加してください:

/etc/lighttpd/lighttpd.conf
alias.url += ("/mediawiki" => "/usr/share/webapps/mediawiki/")
url.rewrite-once += (
                "^/mediawiki/wiki/upload/(.+)" => "/mediawiki/wiki/upload/$1",
                "^/mediawiki/wiki/$" => "/mediawiki/index.php",
                "^/mediawiki/wiki/([^?]*)(?:\?(.*))?" => "/mediawiki/index.php?title=$1&$2"
)

lighttpd.service デーモンを再起動してください。

データベース

データベースサーバーが既にセットアップされている場合、MediaWiki は次のステップで (設定されたデータベースの root パスワードを使って) 自動的にデータベースを作成します。自動的に作成しない場合、手動でデータベースを作成する必要があります。上流の指示 を見て下さい。

LocalSettings.php

ブラウザで wiki の url (通常は http://your_server/mediawiki/) を開いて初期設定を行って下さい。上流の指示 に従って下さい。

LocalSettings.php ファイルが生成されるので、ダウンロードして /usr/share/webapps/mediawiki/LocalSettings.php に保存します。このファイルには wiki の設定が定義されています。mediawiki パッケージをアップグレードしても、上書きされることはありません。

ヒントとテクニック

Mathematics (texvc)

通常通りに texvc をインストールして設定で有効にするだけで使えます:

$wgUseTeX = true;

問題が発生したら、シェルコマンドの制限を増やして下さい:

$wgMaxShellMemory = 8000000;
$wgMaxShellFileSize = 1000000;
$wgMaxShellTime = 300;

Unicode

php, apache, mysql が UTF-8 を使っていることを確認してください。エンコードが不一致だとおかしなバグが発生することがあります。

VisualEditor

MediaWiki の VisualEditor 拡張は MediaWiki にリッチテキストエディタを装備します。こちらのページ に従ってインストールしてください。

Node.js バックエンドの Parsoid も必要です。AURparsoid-gitAUR パッケージでインストールできます。

/usr/share/webapps/parsoid/api/localsettings.js の MediaWiki のパスを調整してください:

parsoidConfig.setInterwiki( 'localhost', 'http://localhost/mediawiki/api.php' );

その後 parsoid.service を起動・有効化してください。

もしくは parsoidAUR パッケージを使用して yaml ファイルでサービスを設定することもできます。以下の行が必要です:

/usr/share/webapps/parsoid/config.yaml

uri: `'http://localhost/mediawiki/api.php'`
domain: 'localhost'

mediawiki の設定も合わせてください:

/usr/share/webapps/mediawiki/LocalSettings.php

$wgVirtualRestConfig['modules']['parsoid'] = array(
	// URL to the Parsoid instance
	// Use port 8142 if you use the Debian package
	'url' => 'http://localhost:8000',
	// Parsoid "domain", see below (optional)
	'domain' => 'localhost',
	// Parsoid "prefix", see below (optional)
	'prefix' => 'localhost'

設定後、parsoid サービスを起動・有効化してください。