Mercurial

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Mercurial (しばしば hg と呼称されます) は Python で書かれた分散型バージョン管理システムであり Git, Bazaar, Darcs と多くの点で似ているところがあります。

インストール

公式リポジトリmercurialインストールしてください。

設定

少なくともユーザー名は設定する必要があります。設定していないとコミットするときに mercurial はエラーを吐きます。~/.hgrc を編集して以下を追加することでユーザー名を設定できます:

~/.hgrc
[ui]
username = John Smith

グラフィカルブラウザ hgk (別名 hg view) を使うには、以下を ~/.hgrc に追加してください (フォーラムスレッド を参照):

~/.hgrc
[extensions]
hgk=

以下の難解なエラーメッセージを出ないようにするには hg view を実行する前に tk をインストールする必要があります:

/usr/bin/env: wish: No such file or directory

証明書のフィンガープリントが検証されていないという Mercurial の警告を削除するには、以下を ~/.hgrc に追加 (Mercurial wiki を参照):

~/.hgrc
[web]
cacerts = /etc/ssl/certs/ca-certificates.crt

巨大なリポジトリを扱う場合 (例: ttf-google-fonts-hgAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror])、progress 拡張を ~/.hgrc ファイルに追加して有効にすると良いでしょう:

~/.hgrc
[extensions]
progress =

上記の設定で、3秒以上かかる操作をしたときにプログレスバーが表示されます。すぐにプログレスバーを表示させたい場合は、設定ファイルに以下を追記してください:

~/.hgrc
[progress]
delay = 1.5

使用方法

mercurial のコマンドは全て hg から始まります。一般的なコマンドのリストを見るには、次を実行:

$ hg help

既存のリポジトリ (コードやファイルの集まり) を使うことも、リポジトリを作成して共有することもできます。

既存のリポジトリを使うには、リポジトリを適当なディレクトリに複製する必要があります:

$ mkdir mercurial
$ cd mercurial
$ hg clone http://hg.serpentine.com/tutorial/

自分でリポジトリを作成するにいは、共有したいディレクトリに移動して mercurial プロジェクトを開始します:

$ cd myfiles
$ hg init myfiles

ドットファイルリポジトリ

~/. ファイルのリポジトリを作成したいときは、ホームフォルダでプロジェクトを開始します:

$ hg init

追跡したい特定のファイルを追加するときは:

$ hg add 

~/.hgignore を作成することでリポジトリに含めたいファイルだけを mercurial によって追跡させることができます。

ヒント: .hgignore ファイルの一番上に syntax: glob を追加することで、リポジトリから簡単にファイルを除外できるようになります。

参照