Mozc

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

プロジェクトホームページより:

Mozc は Android OS、Chromium OS、Windows、macOS、あるいは GNU/Linux など、マルチプラットフォームで動作するよう設計された日本語インプットメソッドエディタ (IME) であり、このオープンソースプロジェクトは Google 日本語入力 から派生したものです。Mozc と Google 日本語入力との差異は About Branding で説明されています。 (簡単に言うと、Mozc は辞書やその関連データが Google 日本語入力と異なっているか省略されており、Google 日本語入力と同等の変換品質は持ちません)

インストール

どういうセットアップにしたいかによって、複数の Mozc パッケージから適切なパッケージを選択してください。まず、Mozc のコアパッケージとお好きなインプットメソッドフレームワーク (Fcitx, IBus, uim など) のモジュールをインストールする必要があります。ただし一部の Fcitx パッケージにはコアパッケージが同梱されています。次に、非公式の辞書がいくつか存在します: Google/Yahoo のヒット件数や Wikipedia などを元に作成された UT (開発終了) と UT2 辞書と、mecab-ipadic-NEologd Neologism 辞書を元に作られた NEologd UT 辞書があります。

以下の表ではコンポーネントと辞書の組み合わせに従ってどのパッケージをインストールするべきか示しています。1つのセル内に複数のパッケージがある場合、それらは分割パッケージです。一部のパッケージは pnsft-pur リポジトリからインストールできます。

標準 UT UT2 NEologd UT
Fcitx 統合 fcitx-mozc fcitx-mozc-utAUR fcitx-mozc-ut2AUR fcitx-mozc-neologd-utAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません]
mozc-neologd-utAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません]
Mozc コア
mozcAUR
ibus-mozcAUR
emacs-mozcAUR
mozc-ut2AUR
ibus-mozc-ut2AUR
emacs-mozc-ut2AUR
uim-mozc-ut2AUR
IBus 統合
Emacs 統合
uim 統合 uim-mozcAUR

上記のパッケージでは、PKGBUILD の中に特定の機能を有効化・無効化する定義が含まれていることがあります。特に、emacs パッケージをビルドする場合は _emacs_mozc 行をアンコメントする必要があります:

## If you will be using mozc.el on Emacs, uncomment below.
_emacs_mozc="yes"

同じように uim-mozc-ut2 もビルドするときは手動で有効にしてください。

Mozc をインストールしたら、X やインプットメソッドフレームワークを再起動することで Mozc を使うことができます。

設定

IBus

IBus の設定については IBus の記事を参照してください。

Mozc をデフォルトのインプットメソッドにするには、ibus-setup で設定します:

$ ibus-setup

「インプットメソッド」タブを選び、Mozc をインプットメソッドリストの先頭に移動します。

インプットメソッドの切り替えは、Alt + Shift_L (IBus のデフォルト) で行えます。

uim

uim の設定については UIM の記事を参照してください。

以下のコマンドを実行して GUI を立ち上げて uim を設定してください (もしくは uim-pref-gtk3/uim-pref-qt4 を使用):

$ uim-pref-gtk

「標準の入力方式」としてお好きなインプットメソッドを選択してください。

ノート: 初めて Mozc をインストールした直後は、Mozc は選択できません。これは Mozc が「使用可能にする入力方式」で有効になっていないためです。その右の「編集」ボタンをクリックして Mozc を有効にしてください。
警告: uim をアップグレード・再インストールしたときは次のコマンドを実行する必要があります: # uim-module-manager --register mozc

Fcitx

Fcitx の設定については Fcitx の記事を参照してください。

以下のコマンドを実行して Fcitx の設定ダイアログを開いてください:

$ fcitx-configtool

Input Method タブからプラス記号をクリックしてダイアログのリストから Mozc を選択してください。設定によっては、Mozc を使うために Only Show Current Language オプションを無効化する必要があります。ダイアログの確認後、標準のキーボードショートカットを使って Mozc をインプットメソッドとして有効にできます。

Emacs で Mozc を使う

mozc.el (mozc-mode) を使用して LEIM (Library of Emacs Input Method) 経由で日本語を入力することができます。mozc-mode を使用するには、以下を .emacs.d/init.el あるいはその他の Emacs カスタム設定用ファイルに追加します:

(require 'mozc)  ; or (load-file "/path/to/mozc.el")
(setq default-input-method "japanese-mozc")

mozc.el は変換候補の表示スタイルに、候補のリストを入力中文字列のそばに表示する "overlay" モードを提供しています (Mozc r77以降)。このモードをデフォルトで利用する場合は、以下の設定を追加します:

(setq mozc-candidate-style 'overlay)

C-\ (toggle-input-method) で mozc-mode のオン/オフを切り替えます。

Emacs 上で C-SPC が IM のオン・オフで使われてしまうのを抑止する

デスクトップ環境上で IM のオン・オフのキー割り当てに C-SPC を設定しており、Emacs 上でもそちらが優先されて C-SPC/C-@ で set-mark-command が使えなくて困る、という場合は、~/.Xresources~/.Xdefaults に以下を追加します。

Emacs*UseXIM: false

ヒントとテクニック

現在使用している Mozc のバージョンを表示する

Mozc 起動中に "ばーじょん" と入力し変換すると、変換候補の中に現在の Mozc のバージョン番号が表示されます:

ばーじょん
バージョン
ヴァージョン
ばーじょん
Mozc-1.6.1187.102  ⇐ Mozc のバージョン
...

コマンドラインから Mozc ツールを起動

以下のコマンドで Mozc のツールを起動できます:

  • Mozc 設定: $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
  • Mozc 辞書ツール: $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=dictionary_tool
  • Mozc 単語登録: $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=word_register_dialog
  • Mozc 手書き文字入力: $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=hand_writing
  • Mozc 文字パレット: $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=character_palette

ASCII キーボードで CapsLock キーを英数キーとして使用する

Mozc のプリセットのキーバインドや多くの日本語入力メソッドでは、変換前入力中の英数入力切り替えは、英数キー、ひらがな/カタカナキー、あるいは無変換キーなどに割り当てられていますが、ASCII キーボードにそれらはありません。CapsLock キーに英数キー (Eisu_toggle) を割り当てることで日本語キーボードと同じように使用できます (Mozc は CapsLock キーを認識しないようです)。

以下の設定では、OADG キーボードと等価な、Eisu_toggle を CapsLock キーに、Caps_Lock を Shift + CapsLock キーに割り当てます。

警告: この設定はデスクトップ全体に作用します。

~/.Xmodmap を以下のように編集します:

keycode 66 = Eisu_toggle Caps_Lock
clear Lock

X 再起動するか、xmodmap コマンドを実行して編集を適用します:

$ xmodmap ~/.Xmodmap

トラブルシューティング

Mozc のビルドに失敗する (プロセスが強制終了される)

ビルドが以下のようなメッセージで異常終了した場合:

...
/bin/sh: 1 行:  xxxx 強制終了
...
make: *** [xxx/xxx ...] エラー 137
...

メモリ不足になっていないか確認してください。

Mozc をアップグレードし、X または IBus を再起動しても (リブートはしていない) 古い Mozc が動いている

古いバージョンの Mozc が終了されずにずっとメモリ上で動作しているのかもしれません。Mozc のプロセスを一度 kill してみてください:

$ killall mozc_server

参照