NIS

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Network Information Service (NIS) は Sun によって開発されたユーザー情報をサーバーと共有するためのプロトコルです。サーバーソフトウェアは ypservAUR パッケージに入っており、クライアントソフトウェアは yp-toolsAUR パッケージに入っています。クライアントデーモンのマルチスレッド版である ypbind-mtAUR を使うこともできます。

ノート: この記事は未完成です。近く変更がされる予定ですが、それまでは参照セクションを確認してください。

NIS サーバー

パッケージのインストール

ypbind-mt, ypserv, yp-tools パッケージをインストールしてください:

# pacman -S ypbind-mt yp-tools ypserv

設定

/etc/hosts

サーバーの (127.0.0.1 ではない) 外部 IP アドレスを hosts ファイルに追加してください。ファイルのコメントアウトされていない最初の行になるようにします。以下のように localhost の行よりも上に追加します:

#
# /etc/hosts: static lookup table for host names
#

#<ip-address>	<hostname.domain.org>	<hostname>
#::1		localhost.localdomain	localhost
192.168.1.10   nis_server.domain.com   nis_server
127.0.0.1	localhost.localdomain	localhost nis_server
# End of file

これは ypinit が /etc/hosts の最初の行を ypservers のリストに追加するためです (これがバグか仕様かはハッキリしません)。

/etc/nisdomainname

ドメイン名を /etc/nisdomainname に追加:

# NISDOMAINNAME="nis-domain-name"

/etc/ypserv.conf

以下の形式で nis クライアントのルールを /etc/ypserv.conf に追加:

# ip-address-of-client : nis-domain-name : rule : security

例:

# 192.168. : home-domain : * : port

詳しくは man ypserv.conf を参照。

/var/yp/Makefile

/var/yp/Makefile の "all" ルールに NIS を用いて共有するファイルを追加または削除します。

デフォルト:

# all:  passwd group hosts rpc services netid protocols netgrp \
#         shadow # publickey networks ethers bootparams printcap mail \
#         # amd.home auto.master auto.home auto.local passwd.adjunct \
#         # timezone locale netmasks

その後 NIS データベースを作成してください:

# cd /var/yp
# make

もしくは自動的に作成させることもできます:

# /usr/lib/yp/ypinit -m

この場合、手動で /var/yp/ypservers に行を追加する必要はありません。

/var/yp/securenets

/var/yp/securenets にアクセスを制限するルールを追加:

# 255.255.0.0 192.168.0.0 # Gives access to anyone in 192.168.0.0/16

誰にでも権限を与えてしまうので、この行はコメントアウトするようにしましょう。

# 0.0.0.0      0.0.0.0

/var/yp/ypservers

サーバーを /var/yp/ypservers に追加:

# your.nis.server

NIS デーモンの起動

ノート: デーモンは以下の順序で起動してください。

rpcbind を起動させてない場合、起動させる:

# systemctl start rpcbind

ypbind を起動:

# systemctl start ypbind

ypserv を起動:

# systemctl start ypserv

ブート時にデーモンをロードさせたい場合は systemctl start の代わりに systemctl enable を使って下さい。

NIS クライアント

パッケージのインストール

まず必要なツールをインストールしてください。NIS を使うために必要な設定ファイルやツールが含まれています。

# pacman -S yp-tools ypbind-mt

設定

ドメイン名の設定

# ypdomainname EXAMPLE.COM

/etc/yp.conf ファイルを編集して ypserver または nis サーバーを追加します。

ypserver nis_server

/etc/hosts

NIS サーバーを /etc/hosts に追加すると良いでしょう。

192.168.1.10   nis_server.domain.com   nis_server

NIS デーモンの起動

ノート: デーモンは以下の順番で起動してください。

rpcbind と ypbind デーモンを起動します。

# systemctl start rpcbind
# systemctl start ypbind

ブート時にデーモンをロードさせたい場合は systemctl start の代わりに systemctl enable を使って下さい。

テスト

ここまでのセットアップをテストするために、yptest コマンドを実行します:

# yptest

正しく動作しているようでしたら、NIS ユーザーデータベースの中身を見て下さい (/etc/passwd と同じフォーマットで出力されます)。

/etc/nsswitch.conf

NIS を実際に使ってログインするには /etc/nsswitch.conf を編集する必要があります。passwd, group, shadow の行を以下のように修正してください:

passwd: files nis
group: files nis
shadow: files nis

そして必ず再起動します:

# systemctl restart ypbind

NIS クライアントの設定に関する詳細は section 7 of The Linux NIS HOWTO を見て下さい。

参照