NTPsec

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

NTP は暗号化されていない UDP ベースのプロトコルで、攻撃に 悪用 された過去があります。代替を提供するという 試み何回 かありましたが、プロトコルの本質からそれは難しいものとなっています。NTP には暗号化機能がありますが、信用 されていません。NTPSec を使うことで 'セキュアな' 代替が可能となっています。

インストール

NTPSec は ntpsecAUR パッケージでインストールできます。

ノート: 他の NTP サービスは NTPSec によってアンインストールされます。

以下のコマンドで新しい GPG 鍵をキーリングにインポートする必要があります:

$ gpg --recv-keys 5A22E330161C3978
gpg: key 5A22E330161C3978: 6 signatures not checked due to missing keys
gpg: key 5A22E330161C3978: public key "NTPsec Contact <contact@ntpsec.org>" imported
gpg: marginals needed: 3  completes needed: 1  trust model: pgp
gpg: depth: 0  valid:   8  signed:   0  trust: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 8u
gpg: next trustdb check due at 2019-12-03
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1

サービスの起動

ntpd.service起動有効化してください。

参照