Notmuch

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Notmuch はメールインデックス作成プログラムです。原則、xapian 上で動作するフロントエンドであり、Sup と同じように、一つのことに焦点を置いています: メールメッセージのインデックスを作成すること。Notmuch はメールリーダーとして使うことも、mutt などの他の MUA のインデクサや検索ツールとして使うこともできます。

概要

Notmuch は C で書かれており sup-mail より数倍高速に動作します。Notmuch はインデックスの作成中に終了することもでき、次の起動時に続きからインデックス作成を続行します。sup-mail と同じように、不要なメールメッセージを永久に削除する手段は用意していません。メールの取得や送信、メールアドレスの保存などは行わないため OfflineIMAP, msmtp, abook などのプログラムを使う必要があります。

Notmuch は notmuch または notmuch-gitAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] パッケージでインストールできます。

公式パッケージでは python, vim, emacs バインディングを提供します。

初期設定

インストール後、以下を実行することでインタラクティブなセットアップを起動できます:

$ notmuch setup

プログラムはメールディレクトリの場所、そしてプライマリメールアドレス・セカンダリメールアドレスを尋ねます。設定ファイルを直接編集することもできます。設定ファイルはデフォルトでは $HOME/.notmuch-config に作成されます。

設定後、以下のコマンドでメールディレクトリの再インデックスを行います:

$ notmuch new

フロントエンド

notmuch を使用する様々な方法が存在し [1]、cli あるいは Unix エディタが使えます。

Emacs

notmuch のデフォルトフロントエンドは Emacs です。notmuch を開発したのと同じ人によって開発されています。

Vim

vim インターフェイスは notmuch に含まれています。起動するには:

$ vim -c NotMuch

alot

alot は notmuch のスタンドアロンな CLI インターフェイスで、python で書かれています。AURalotAURalot-gitAUR でインストールできます。

Alot は mailcap を使用して様々な種類のファイルを処理します。html メールも含まれているため、html メールを表示するには ~/.mailcap ファイルの設定が必要です。~/.mailcap に以下の行を記述してください:

text/html; w3m -dump -o -document_charset=%{charset} %s; nametemplate=%s.html; copiousoutput

上記では w3m を使用していますが、他のテキストベースクライアント (linkslynx) も使えます。ただし引数は違うかもしれません。

もちろん他のファイルハンドラを設定することも可能です。

bower

bowerMercury によって書かれた、もうひとつの CLI インターフェイスです。

Neomutt

Neomutt は多数のパッチが適用された mutt のフォークです。Notmuch の統合パッチも含まれています。neomutt または neomutt-gitAUR パッケージでインストールできます。

ner

ner - notmuch email reader - はまた別の CLI インターフェイスで、C++ によって書かれています。

ner-gitAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror]AUR からインストールできます。

mutt の統合

mutt を MUA として使う場合、notmuch はメールのインデックス作成・検索を行う補完ツールとして役に立ちます。notmuch-mutt パッケージに mutt と notmuch を統合するスクリプトが含まれています。