OpenTTD

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

OpenTTD は Transport Tycoon Deluxe ベースのタイル式輸送マネジメントゲームです。このゲームは community リポジトリに入っています。

インストール

公式リポジトリopenttdインストールしてください。

ベースグラフィックのフリーの代替として公式リポジトリから openttd-opengfx パッケージをインストールすることができます。

ベースサウンドのフリーの代替として公式リポジトリから openttd-opensfx パッケージをインストールすることができます。

オリジナルの Transport Tycoon Deluxe のデータ (任意)

OpenTTD はオリジナルの Transport Tycoon Deluxe の Windows/DOS 版のフリーではないグラフィックやサウンドデータを利用することが可能です。

データを取得する方法

ノンフリーの TTD のベースグラフィック・サウンドを使って OpenTTD を遊びたい場合は、Transport Tycoon Deluxe の Windows/DOS バージョンのファイルが必要になります。

ゲームの CD-ROM からファイルを入手したり、Abandonia にあるフリーのゲームインストールアーカイブから取得できます。

グラフィックとサウンドエフェクト

以下のファイルを /usr/share/openttd/data/ にコピーしてください:

  • trg1r.grf または TRG1.GRF
  • trgcr.grf または TRGC.GRF
  • trghr.grf または TRGH.GRF
  • trgir.grf または TRGI.GRF
  • trgtr.grf または TRGT.GRF
  • sample.cat

音楽

フリーの音楽セット OpenMSX をゲーム内のダウンロードマネージャから直接インストールできます。

オリジナルの音楽 (Windows バージョン) を聞きたい場合は、オリジナルの TTD のゲームディレクトリにある gm フォルダのファイルを /usr/share/openttd/gm/ にコピーしてください。

サウンドドライバが MIDI をネイティブでサポートしていない場合は、timidity をインストールする必要があります (サウンドサンプルの設定は必要ありません)。timidity は環境によっては動作しないことがあります (例えば PulseAudio を使っている場合)。その場合、以下のように FluidSynth を使う方法があります。

fluidsynthsoundfont-fluid パッケージをインストールしてください。

fluidsynth のラッパースクリプトを作成:

~/.openttd/playmidi
#!/bin/bash

trap "pkill fluidsynth" EXIT
fluidsynth -a pulseaudio -i /usr/share/soundfonts/FluidR3_GM2-2.sf2 $*

スクリプトに実行可能属性を付与:

$ chmod 755 ~/.openttd/playmidi

'openttd を実行するときにラッパースクリプトのファイル名を extmidi ドライバーの引数として指定してください:

$ PATH=$HOME/.openttd:$PATH openttd -m extmidi:cmd=playmidi

チュートリアル

ゲームを開始した時点では何をすればいいのかわからないと思います。素晴らしいチュートリアルを wiki の このページ から読むことができます。

また、ゲーム内のチュートリアルとして、ゲームスクリプトが実装されています。ゲーム内のダウンロードマネージャから 'Beginner Tutorial' をダウンロードして 'Beginner Tutorial' シナリオをロードしてください。

設定

OpenTTD のメインの設定ファイルは ~/.openttd/openttd.cfg にあり、最初に起動したときに自動的に作成されます。

メインメニューのボタンを使って設定ファイルの様々な設定を編集することが可能です。それぞれのボタンは以下で説明します。

ゲームオプション

このウィンドウでは新しいゲームを始めた時にデフォルトで使用されるオプションを設定できます。

ノート: 既に開始されてしまっているゲームには設定が適用されません。

デフォルトのグラフィック・サウンド・音楽を設定することもできます。

難易度

このウィンドウではゲームの難易度や、難易度に関するオプションを変更することができます。ウィンドウ上部の難易度ボタンを選択して難易度のプリセットを使用するか、カスタムオプションを設定することが可能です。

詳細は こちら

高度な設定

このウィンドウでは、設定ファイルの他の設定を全て変更することができます。全てのオプションはセクションでグループ化されています。検索ユーティリティを使って変更したい設定を検索することもできます。

高度な設定に関する詳細は こちら を参照。

AI/ゲームスクリプトの設定

このウィンドウでは人工知能 (ボットや CPU プレイヤー) とゲームスクリプトに関するオプションをカスタマイズすることができます。

ゲームスクリプトはゲームを拡張・充実させるためにゲーム内のアクションを多数実行することができる目的に基づいたスクリプトです。

このウィンドウに関する詳細は こちら

ヒントとテクニック

ハイトマップ

OpenTTD では ハイトマップ (heightmap) と呼ばれるグレイスケール画像を使ってマップを作成することができます。実際の地球の地形をベースにハイトマップを作成することができる terrain.party というサイトが存在します。gimp を使うことでハイトマップを細かく調整できます。レベルツールやガウスぼかしツールが特に役に立ちます。

チート

チートメニューはローカルゲームで Ctrl-Alt-C を押すことで表示されます。

チートに関する詳細は こちら にあります。

参照