Packet Tracer

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Cisco Packet Tracer はネットワークの挙動や「もし〜だったら」という実験を学習することができる強力なネットワークシミュレーションプログラムです。ネットワーキングアカデミーの学習経験の一環として、Packet Tracer は複雑な技術のコンセプトを教授・学習するのに役立つシミュレーション・仮想化・オーサリング・アセスメント・コラボレーション機能を提供します [1]

免責事項

ソフトウェアを使用する許可が Cisco Systems から得られているか確認してください。使用資格がない場合、GNS3 などを使用するようにしてください。

インストール

packettracerAUR パッケージを使うことでインストールできます。AUR パッケージの使用方法については AUR の記事を参照してください。

Packet Tracer をインストールするには Cisco Packet Tracer 6.0.1 for Linux (with tutorials) ファイルを入手してください。ファイルの sha1sum と md5sum は以下の通りです:

$ sha1sum Cisco\ Packet\ Tracer\ 6.0.1\ for\ Linux\ \(with\ tutorials\)
81f74633115fab6bd1cb699f203a5a5375830c30  Cisco Packet Tracer 6.0.1 for Linux (with tutorials)
$ md5sum Cisco\ Packet\ Tracer\ 6.0.1\ for\ Linux\ \(with\ tutorials\)
6d623bc0761cbb6e3cdccb3c0e0ec70b  Cisco Packet Tracer 6.0.1 for Linux (with tutorials)

ファイルを作業ディレクトリにコピーしてください。PKGBUILD ファイルはアーカイブを必要とします。倫理的・法的な理由からパッケージの tarball にアーカイブを同梱することはできません。Packet Tracer の最新バージョンにあわせて、必要なファイルは将来的に変わる可能性があります。執筆時点でのファイル名は Cisco Packet Tracer 6.0.1 for Linux (with tutorials) です。

ファイルをコピーしたら、通常通りにパッケージのインストールを行ってください。

最後に、/usr/share/licenses/packettracer/eula.txt の EULA を読んで、承認できない場合はアンインストールしてください。

64ビット環境

64ビット環境で Packet Tracer を動作させるには Multilib リポジトリを有効にする必要があります。

そして lib32-openssl, lib32-qt4AUR, lib32-libpng, gcc-multilib パッケージをインストールしてください。

アセスメント環境チェック

Cisco Packet Tracer ベースの Assessment Environment Check は練習や最終試験などの考査で Packet Tracer を起動できるか確認するのに使われます。Java のインストールが必須です。こちらのページ から機能を使えるかどうか確認することが可能です。

ビデオ教材

以下の動画を見ることでインストール手順を確認することができます:

参照