Pacman 開発

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

pacman の開発に興味があるのであれば、このページが開発を始めるのに役立つでしょう。

このページに追加するべきものがあると考えているのであれば自由に追加してください。pacman の開発者は人々が何を知らねばならないのか、このページに何を記載すればいいのか把握できていません。

参照とリンク

  • IRC: #archlinux-pacman on irc.freenode.net

開発者リポジトリ

開発の常連のリポジトリには作業途中のブランチなどが存在します。以下では一部を記載しています。他にあれば追加してください。

Allan McRae

ウェブ: https://projects.archlinux.org/users/allan/pacman.git/
クローン: git://projects.archlinux.org/users/allan/pacman.git
クローン: https://projects.archlinux.org/git/users/allan/pacman.git

Andrew Gregory

ウェブ: https://github.com/andrewgregory/pacman/
クローン: https://github.com/andrewgregory/pacman.git

Git ヒント

先に Git の記事を読むことを推奨します。

git リポジトリを複製 (一度実行すれば十分です):

git clone https://projects.archlinux.org/pacman.git pacman

便利なフックを有効化:

mv .git/hooks/applypatch-msg.sample .git/hooks/applypatch-msg
mv .git/hooks/commit-msg.sample .git/hooks/commit-msg
mv .git/hooks/pre-commit.sample .git/hooks/pre-commit
mv .git/hooks/pre-rebase.sample .git/hooks/pre-rebase

または:

rename .sample "" .git/hooks/*.sample

新しいローカルブランチで作業することで問題を減らせます。

master ブランチのパッチを作成:

git format-patch master

パッチを修正 (push 後に使用しないでください):

git commit -a --amend -s

master ブランチを更新:

git checkout master
git pull

master の変更を "<branch>" にマージ:

git rebase master <branch>

maint ブランチを取得:

git checkout -b maint origin/maint

リモートリポジトリを追加:

git remote add toofishes git://code.toofishes.net/dan/pacman.git

toofishes の作業ブランチを取得:

git branch -r
git checkout -b toofishes-working toofishes/working