phpPgAdmin

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

phpPgAdmin は Apache/PHP フロントエンドを使用して PostgreSQL データベースを管理するウェブベースのツールです。

インストール

PhpPgAdmin は Apache など PHP が使えるウェブサーバーを必要とします。Apache HTTP ServerApache HTTP Server#PHP を見てセットアップしてください。

phppgadmin パッケージをインストールしてください。

設定

PHP

/etc/php/php.ini を編集して以下の行をアンコメントして PHP の pgsql 拡張を有効にする必要があります:

extension=pgsql.so

PHP が /etc/webapps にアクセスできるか確認してください。必要ならば /etc/php/php.iniopen_basedir に追加します:

open_basedir = /srv/http/:/home/:/tmp/:/usr/share/pear/:/usr/share/webapps/:/etc/webapps

ウェブサーバー

Apache

Apache 設定ファイルを作成:

/etc/httpd/conf/extra/phppgadmin.conf
Alias /phppgadmin "/usr/share/webapps/phppgadmin"
<Directory "/usr/share/webapps/phppgadmin">
    DirectoryIndex index.php
    AllowOverride All
    Options FollowSymlinks
    Require all granted
</Directory>

そして /etc/httpd/conf/httpd.conf でインクルード:

# phpPgAdmin configuration
Include conf/extra/phppgadmin.conf

デフォルトでは誰でも phpPgAdmin のページを閲覧できてしまいます。変更するには /etc/httpd/conf/extra/phppgadmin.conf を編集してください。例えば、同じマシンからのアクセスだけを許可するには Require all grantedRequire local に置き換えます。

Lighttpd

lighttpd の php の設定は apache と全く同じです。

lighttpd の設定に phppgadmin のエイリアスを作成してください:

alias.url = ( "/phppgadmin" => "/usr/share/webapps/phppgadmin/")

そして設定で mod_alias, mod_fastcgi, mod_cgi を有効にしてください (server.modules セクション)。

lighttpd で php ファイルを使えるようにする方法は Lighttpd#FastCGI を参照。

lighttpd を再起動して http://localhost/phppgadmin/index.php を開いてください。

nginx

バーチャルホストのディレクトリ (例: /srv/http/<domain>/public_html/) から /usr/share/webapps/phppgadmin ディレクトリにシンボリックリンクを作成してください:

# ln -s /usr/share/webapps/phppgadmin /srv/http/<domain>/public_html/phppgadmin

同じように server ブロックを使ってサブドメインを設定することもできます (php-fpm を使用している場合)。

Also, you need to use at less php-fpm (you need it), you have to make it running first (if you not do it, you will have a "502 bad gateway" error instead of the phpPgadmin first page).

For make it running after install the package, make a "systemctl start php-fpm" (and enable it if you want to use it all the time and/or after reboot, by "systemctl enable php-fpm)

server {
        server_name     phppgadmin.<domain.tld>;
        access_log      /srv/http/<domain>/logs/phppgadmin.access.log;
        error_log       /srv/http/<domain.tld>/logs/phppgadmin.error.log;

        location / {
                root    /srv/http/<domain.tld>/public_html/phppgadmin;
                index   index.html index.htm index.php;
        }

        location ~ \.php$ {
                root            /srv/http/<domain.tld>/public_html/phppgadmin;
                fastcgi_pass    unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
                fastcgi_index   index.php;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME  /srv/http/<domain.tld>/public_html/phppgadmin/$fastcgi_script_name;
                include         fastcgi_params;
        }
}

but there is an other simple way to do it running (also, if you need some other web apps, it would be easy more after):

server {
    listen 80;
    server_name localhost default_server;
    root /srv/http/www/public_html;
    index index.html index.html index.php;
    location ~ \.php$ {
        try_files $uri =404;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name; } }

with this config, your phppgadmin will be accessible at http://localhost/phppgadmin directly and you will be able also to add some other web apps easy in the same way

(just have to paste/link them under public_html directory and find it at localhost/your_webapps)

this config make working all php file inside your localhost directly

(also it is a good idea to allow a user http http in the top of this nginx file and make directory srv/http/ under http owner/group)

the "server" serve only if you want to create some other server name designed only for this...

also, make a root inside the location of php is not a simple way to do and make the config file in trouble...

phpPgAdmin の設定

phpPgAdmin の設定ファイルは /etc/webapps/phppgadmin/config.inc.php にあります。ローカルで PostgreSQL サーバーを動かしている場合は、何も設定しなくても動作するはずです。

PostgreSQL サーバーが localhost 上にない場合は、以下の行を編集してください:

$conf['servers'][0]['host'] = '';

phpPgAdmin にアクセス

phpPgAdmin のインストールが完了したら、使用する前に以下のコマンドで apache サーバーを再起動してください:

# systemctl restart httpd.service

http://localhost/phppgadmin/ から phpPgAdmin にアクセスできます。

トラブルシューティング

セキュリティ上の理由でログインが拒否される

extra login security が true の場合、phpPgAdmin でパスワードを指定しなかったり特定のユーザー名 (pgsql, postgres, root, administrator) でのログインが拒否されます。false に設定したい場合 FAQ を読んで PostgreSQL の pg_hba.conf を変更してパスワードによるローカル接続を有効にしてください。

/etc/webapps/phppgadmin/config.inc.php を編集して以下の行を:

$conf['extra_login_security'] = true;

以下のように変更:

$conf['extra_login_security'] = false;