PipeWire

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

pipewire.org より:

PipeWire は Linux における音声と動画の取り回しを大幅に向上させることを目標とするプロジェクトです。現在 PulseAudioJACK によって処理されているユースケースを同時にサポートして、強力な動画入出力処理を実現することを目指しています。また、コンテナ化されたアプリケーションからオーディオビデオデバイスを簡単に扱えるようなセキュリティモデルを導入し、Flatpak アプリケーションをサポートすることが念頭に置かれています。WaylandFlatpak と一緒に未来の Linux アプリケーション開発の中心的な存在となるよう期待されています。特徴:
  • 遅延を最小限に押さえた音声・動画再生と録画。
  • リアルタイムの音声・動画マルチメディア処理。
  • アプリケーションがマルチメディアコンテンツを共有できるマルチプロセスアーキテクチャ。
  • 最新のアプリケーションで使いやすい統合を提供する GStreamer プラグイン。
  • サンドボックス化されたアプリケーションのサポート。

インストール

pipewire パッケージまたは pipewire-gitAUR パッケージ (開発版) をインストールしてください。

使用方法

ビデオ

ソフトウェアはまだ実用段階とはいえませんが、問題なく使用することができます。PipeWire の GStreamer プラグインによって、GStreamer を使用して動画ストリームなどを処理しているほとんどのアプリケーションは特に設定をしなくても動作するはずです。例えば cheese などのアプリケーションで PipeWire を使って動画の入力を共有することができます。

GStreamer の autoplugging プロセスを使うには先に PipeWire プロセスを実行しておく必要があります。使用する前に pipewire を起動してください。

オーディオ (JACK)

PipeWire 上での Jack プロトコルのサポートが実装されており、インターフェイスを使用するアプリケーションがテスト環境で動作します。プロオーディオに必要な低遅延環境を PipeWire によって組み立てることが可能です。

有効化して使用する方法は こちら を参照してください。

ALSA/レガシーアプリケーション

ALSA エミュレーションはまだ開発中ですが、動作するコードが出始めています。

Bluetooth

PipeWire は Bluez Bluetooth フレームワークに直接組み込むことができる bluetooth モジュールを提供しています。Paring and management hence works the same since it is handled by higher level interfaces.

参照